子育て情報『短時間なら大丈夫? 赤ちゃんの歩行器の使用について助産師がアドバイス』

2019年10月7日 12:35

短時間なら大丈夫? 赤ちゃんの歩行器の使用について助産師がアドバイス

目次

・Q.短時間であれば赤ちゃんに歩行器を使用しても大丈夫ですか?
・在本祐子助産師からの回答
・歩行器のメリットとデメリット
・主なメリット
・主なデメリット
・赤ちゃんが歩行器を使うときに注意したいこと
歩行器に乗っている赤ちゃん


「気軽に専門家に質問ができて、さらに返信も早い」とママから日々感謝の声が寄せられているベビーカレンダーの人気コンテンツ【助産師に相談】の掲示板。その中から特に注目をあつめた質問の内容を一部抜粋してご紹介します。今回は赤ちゃんの歩行器の使用に関するご相談です。

Q.短時間であれば赤ちゃんに歩行器を使用しても大丈夫ですか?

生後9カ月の男の子の育児中です。ズリバイ、つかまり立ち、つたい歩き、ハイハイ、おすわりの順番で成長しています。最近ソファーに登ったり、つかまり立ち中に急に手を離して後ろに転倒してしまったり目が離せません。頭ガードは嫌がります。見ているときの対処はできるのですが、後追いもありトイレも行けないので歩行器を買いました。

ですが歩行器の使用に関して賛否両論あるみたいで、トイレに行くときなど短時間であれば使用しても大丈夫なのか気になってしまいました。使用する際は数分長くても数十分で歩行器の車輪は動かないように使う予定です。

本祐子助産師からの回答

歩行器の使用は1日のうち、長時間使用する場合には、活動を妨げてしまう弊害がありますが、おっしゃるように短時間使用する場合には問題ないと思いますよ。安全に配慮してご利用なさってくださいね。

※参考:ベビーカレンダー「助産師に相談」コーナー

※診断や具体的な治療については医師の指示にしたがってください

歩行器のメリットとデメリット

赤ちゃんが歩行器を使うことで、得られる「メリット」と「デメリット」を紹介します。

主なメリット

・足の踏ん張りをつける補助になる
歩行器を使って赤ちゃんが歩いても、歩行の発達を促すことにはならないのですが、足の踏ん張る力をつける練習にはなります。足の突っ張りが弱く、体を支える力が弱い子には、歩行する前の段階として踏ん張る力が必要になります。

・赤ちゃんの興味や意欲を引き出せる
歩行器に乗れば赤ちゃんの視線が高くなり、遠くを見渡せます。

・赤ちゃんの安全確保
赤ちゃんが活発に動けるようになると目が離せなくなり、一緒に行動しないといけません。洗濯物を干したり、揚げ物調理など、赤ちゃんがいると危険なこともあります。自分が見える範囲で、ちょっと家事を済ませる間に歩行器で遊んでくれれば、離れていても安全に育児ができる状況もあるでしょう。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.