子育て情報『1日6杯は飲みすぎ!? ママの疑問に管理栄養士がアドバイス!』

1日6杯は飲みすぎ!? ママの疑問に管理栄養士がアドバイス!

目次

・Q.1日だけ紅茶を飲み過ぎてしまいました
・久野多恵管理栄養士からの回答
・妊婦さんが紅茶を飲むときの注意点
・紅茶以外の妊婦さんにおすすめの飲み物
紅茶を飲む妊婦さんのイメージ


「気軽に専門家に質問ができて、さらに返信も早い」とママから日々感謝の声が寄せられているベビーカレンダーの人気コンテンツ【管理栄養士に相談】。その中から特に注目をあつめた質問の内容を一部抜粋してご紹介します。今回は、紅茶を飲みすぎてしまったという妊婦さんからのご相談です。

Q.1日だけ紅茶を飲み過ぎてしまいました

現在、妊娠7週です。1日だけ紅茶を飲み過ぎてしまいました。ティーカップ6杯くらいです。あとから赤ちゃんに影響があったら……と、とても後悔しています。紅茶を飲み過ぎた場合の対処法などありますか?

久野多恵管理栄養士からの回答

食品のリスク評価をおこなっている内閣府食品安全委員会は、現段階では食品からのカフェインの摂取についてのリスク評価を実施していませんが、海外では妊婦のカフェイン摂取目安量を示している国があります。妊娠されている方は、カフェインを摂り過ぎないように留意したほうが良いですね。

世界保健機関(WHO)では、カフェインの胎児への影響についてはまだ確定していませんが、妊婦はコーヒーの摂取量を一日3~4杯までにすべきとしています。紅茶に含まれるカフェイン量はコーヒーの約半分程度なので、紅茶なら6~8杯までは摂取の範囲内ではありますが、飲むことをすすめているわけでもありません。

1日だけ紅茶を6杯飲んでしまったとのことですが、WHOの指針では許容範囲内なのであまり心配はいらないと思いますよ。ただ、避けられるのであれば他の飲み物で代用していただき、心配が残らないように過ごされると良いですね。

※参考:ベビーカレンダー「管理栄養士に相談」コーナーより

妊婦さんが紅茶を飲むときの注意点

紅茶や緑茶に含まれるタンニンの作用によって、吐き気や気分不快を起こす原因となることがあります。妊娠中につわりがある時期や胃腸の調子がすぐれないときは、紅茶や緑茶を飲む量を控えましょう。

以前は貧血で処方される鉄剤を内服する際に、お茶類に含まれるタンニンが鉄の吸収を妨げるため、お茶で飲んではいけないと言われていましたが、妊娠中に起こりやすい鉄欠乏性貧血の場合は、体内で鉄分を取り込む機能がパワーアップしているためにタンニンの影響は少ないという報告に基づいて、現在では絶対禁止にする必要性はなくなりました。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.