子育て情報『「あぁ…当てはまりすぎる…」診断が怖くて…#発達障害児ママの葛藤3』

2019年11月15日 18:05

「あぁ…当てはまりすぎる…」診断が怖くて…#発達障害児ママの葛藤3

ベビーカレンダー編集部がおすすめの「妊娠・出産・育児マンガ」をご紹介♪ 今回は自閉症スペクトラム(ASD)&注意欠陥障害(ADD)の長男あーくんと、次男いーくんの母、よいこさん。あーくんが自閉症と診断されるまでのエピソードをマンガでお届けします。

3歳半健診、その結果は…?!

目次

・3歳半健診、その結果は…?!
・発達相談▶保健師相談
・児童精神科…そんなに待つの?
・わが家に救世主、現る!
「あぁ…当てはまりすぎる…」診断が怖くて…#発達障害児ママの葛藤3


この3歳半健診のとき、座っていることができず走りまわり、踊り狂い、床に寝転ぶ息子。一方、周りの静かな子どもたち……。あれ、うちの子、やっぱり普通と違うかも?

あーが自閉症だという診断を受けることが怖くて怖くて、「じゃない」情報ばかり気にしていたように思っています。発達障害にありがちな

●電車の時刻表とか種類をたくさん覚えている

⇒ 違った!よかった!

(でもキャラクター図鑑大好き、キャラ全部覚えてる)

●言葉が出ない ⇒ 言葉は出てる!よかった!

(でも全部独り言)

●運動が不得意な子が多い ⇒ 運動は得意!よかった!

(でも手先は不器用)

●おむつが取れない子が多い ⇒ 取れてる!よかった!

(取れてるだけで、たびたび漏らしている)

などなど。なんか書き出すと私って、どれだけチキンな母親なんだろう…(涙)。

発達相談▶保健師相談

「あぁ…当てはまりすぎる…」診断が怖くて…#発達障害児ママの葛藤3


市の発達相談が受けられるのは、なんと3カ月待ち! 期待しすぎたのが悪かったのかもしれませんが、市の発達相談はテストなどをするわけでもなく、病院に紹介状書いて終わり。とてもあっさりしたものに感じました。

児童精神科…そんなに待つの?

「あぁ…当てはまりすぎる…」診断が怖くて…#発達障害児ママの葛藤3


いろんな友達に聞いてみたところ、自治体によってかなり違うみたいですが、うちは8月に児童精神科へ電話をしたら、12月に予約を取り直すように言われ、「早期療育とは!?!?!?」となりました。

当時第二子を妊娠中で、12月には出産も控えており、バタバタすることは容易に想像がつく……。どうなる…!?

わが家に救世主、現る!

「あぁ…当てはまりすぎる…」診断が怖くて…#発達障害児ママの葛藤3


はい、救世主登場!

わたしはここまで、あーの育児の悩みを相談できる専門の方に巡り会うことができていなくて、とにかくあーについて専門家の方と話してみたかったんです。

あーのこんなところはどうなのか、あんなところは何なのか、こんなところに困ってます……と。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.