子育て情報『億劫な「トイレ掃除」がラクになる収納術【ラクに楽しく♪特集】』

億劫な「トイレ掃除」がラクになる収納術【ラクに楽しく♪特集】

目次

・掃除グッズはすぐ手の届く場所にスタンバイ
・置き場所のないハンドソープは吸盤ラックで浮かせる
・子どもの補助便座も浮かせて収納
トイレ掃除がラクになる収納術_uさんの投稿(@u_home_note)


赤ちゃんとの毎日がもっとラクに、もっと楽しくなる。ベビーカレンダーは、そんな毎日を応援するコラムを絶賛連載中!

つい億劫になりがちなトイレ掃除。Instagramでハードル低めの家事・収納テクを発信しているuさん(@u_home_note)に、そんなトイレ掃除がラクになる収納術を教えてもらいました。

ポイントは“トイレグッズを全て浮かせる”こと。トイレが使いやすく、掃除が手早く終わるようになったそうです!

掃除グッズはすぐ手の届く場所にスタンバイ

トイレ掃除がラクになる収納術_uさんの投稿(@u_home_note)


掃除がしやすいようにハンディモップは棚の中ではなく横にスタンバイ。透明フックで吊るして収納しています。ハンディモップは100均のもの。付け替え用も売られているからお気に入りなんだそうです。

トイレ掃除がラクになる収納術_uさんの投稿(@u_home_note)


トイレ掃除用洗剤も同じように透明フックで吊るして収納。拭き掃除も除菌もできるタイプを選び、トイレ内の物を最小限にしているそう。

吊るす位置はトイレットペーパーの横。掃除の際にシュッと吹きかけてペーパーで拭き取るため、近くに設置することで導線を最短距離にしているんですって!

トイレ掃除がラクになる収納術_uさんの投稿(@u_home_note)


わざわざ棚を開けて掃除グッズを取り出して掃除するって、マメじゃない人にはハードルが高い……。そう考えたuさんは掃除グッズを取り出しやすい位置に吊るして収納しているといいます。おかげで掃除の頻度も上がり、なんといつの間にか息子さんまで“汚したらシュッとして拭く”をマスターしたんだとか!

uさん宅は全自動掃除トイレなので便器の中は基本的にあまり汚れないそうですが、気になった際や全自動掃除機能の付いていない2階のトイレを掃除するときは、ラクチンな泡スプレー洗剤を使っているそうです。

掃除グッズは座ると丸見えになりますが、ドア側からは見えない位置。それだけでも見た目のスッキリ具合が変わります。

置き場所のないハンドソープは吸盤ラックで浮かせる

トイレ掃除がラクになる収納術_uさんの投稿(@u_home_note)


uさん宅のトイレの小さな手洗い場にはハンドソープを置く場所がないそう。そこで吸盤タイプのワイヤーラックを使って、浮かせて横に設置しています。棚などを置いてしまうとトイレがさらに狭くなり、掃除のときも邪魔になりますが、これなら万事解決!

トイレ掃除がラクになる収納術_uさんの投稿(@u_home_note)


ワイヤーラックは100円ショップのワッツで購入。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.