子育て情報『思わぬ結果…!ベビー用品にほとんどお金をかけずに済んだ!【体験談】』

思わぬ結果…!ベビー用品にほとんどお金をかけずに済んだ!【体験談】

目次

・孤独感を紛らしてくれたのはFacebook
・従妹からもらったおさがりがうれしくて♡
・Facebookの投稿が思わぬ反響を得ることに
・著者:鍜治すみの
携帯電話を操作している女性


第一子妊娠中に仕事を辞め、夫以外の人と会話ができない日々が続きました。そんな孤独な私の楽しみはFacebookでした。ある日、何気ない気持ちで書いた投稿が思わぬ結果を導いたのです。そのときの体験談を紹介します。

孤独感を紛らしてくれたのはFacebook

第一子妊娠中に切迫早産になり、続けるつもりだった仕事を妊娠8カ月のときに辞めました。仕事でたまたま配属された土地で夫と出会って所帯を持ったため、気軽に会える友人も近くにはいませんでした。

このときすでにおなかも大きかったため、家に閉じこもりがちの日々を送っていました。そんな当時の私の楽しみはFacebookへのアクセスでした。学生時代の仲間の投稿を見たり、自分の近況を投稿してコメントのやりとりをしたりすることで、孤独感を紛らしていたのかもしれません。

従妹からもらったおさがりがうれしくて♡

ある日、従妹から子ども服のおさがりをたくさんもらいました。そこで、こんな内容の投稿を何気なくしたのです。

「もしかしたら、第一子であれば新品の子ども服を使いたいと思う人がほとんどかもしれません。でも私は繰り返し洗濯されたおさがりならではの肌触りの良さが好きです。何よりもおさがりで回ってきた洋服にはたくさんの思い出が詰まっていますよね! 以前から、子ども服をフリマアプリに出品するなんてもったいない! と思っていました」と。

そして最後に、「おさがり何でも受付中!」と書き添えました。

Facebookの投稿が思わぬ反響を得ることに

友人からのおさがり


すると私の投稿を見た高校時代の友人が「わが子のおさがりもぜひ使ってほしい!」と言ってたくさんの洋服を送ってくれました。

同時にその友人が「わが子のおさがりを友だちが使ってくれるなんてうれしい」という内容をFacebookに投稿したのです。するとその投稿がさらにシェアされて話が広まり、わが家にはそれを読んだ仲間たちから多くの子ども服のおさがりが届きました。 

さらに歩行器やブランコ付きのジャングルジム、つみきや絵本なども! 今でも大切に使わせていただいています。

おさがりについての持論をSNSに投稿したことをきっかけに、たくさんのおさがりがわが家に届きました。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.