子育て情報『子どもが生まれたら「子ども名義の口座」は作ったほうがいいの?』

子どもが生まれたら「子ども名義の口座」は作ったほうがいいの?

目次

・子ども名義の口座でできないこと
・子ども名義の口座を開設したほういい場合
・子ども名義の口座開設は金融機関によって手続きが異なる
子ども名義の口座のイメージ


子どもが生まれるとお祝い金を受け取ったり、将来の資金を積み立てたりと預貯金をする機会が少なくありません。このお金を親名義の口座で貯めるか、子ども名義の口座で貯めるかご相談を受けるケースがあります。結論としては状況に応じて、名義を選択することになりますので、それぞれのケース・目的をお伝えします。

子ども名義の口座でできないこと

子ども名義の口座を作るかどうかを判断するにあたって、目的から考える必要がありこちらは後述しますが、子ども名義の口座でできないことが主に2点あります。そのため、以下の2点を目的とする場合は、別の目的の有無で子ども名義の口座を開設するか判断をするといいでしょう。

【1】児童手当の振込先には指定できません
児童手当の支給対象者は、中学校卒業までの児童を養育している人で、子ども本人ではありません。そのため、児童手当の振込先は一般的にはご両親のいずれか(親がいない場合には、親族・施設の長・里親等)の口座を指定します。そのため、子ども名義の口座に児童手当を貯めたい場合には、親等の口座に入金されたものを、振替をする必要があります。

【2】生前贈与の対策には使えません
相続税や贈与税を抑える生前贈与の対策として、子ども名義の口座に両親や祖父母等の資産を移しても、節税とはなりません。子どもが自分の意思で口座内のお金を使えない場合は、子どもの資産としては判断されず、移転元の両親や祖父母の資産として判断されます。

子ども名義の口座を開設したほういい場合

子ども名義の口座を開設したほうがいい場合は、いくつかの目的がありますが、主にこの2つを目的とする場合は子ども名義の口座開設を検討するといいでしょう。

【1】子どもの教育費などの将来に備えて貯めたい場合
生活費を出し入れしているメイン口座に、子どもの教育費などの将来に備えるお金を貯めてしまうと、いくら準備できているか分かりにくく、支出が増えた時に使ってしまっている場合も考えられます。そのため、子ども名義の口座を開設し、メイン口座と分けて管理すると、金額が把握しやすく、他の目的で使われる可能性も少なくなります。預貯金以外の学資保険やジュニアNISA口座等で必要額が確保されている場合は、あえて子ども名義の口座を開設しなくてもいいでしょう。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.