子育て情報『コロナの感染拡大に伴い、産婦人科団体から妊婦さんへお願い!』

コロナの感染拡大に伴い、産婦人科団体から妊婦さんへお願い!

目次

・日本産婦人科学会と日本産婦人科医会が出した文書の内容とは?
・急な帰省分娩の検討はぜひ避けて!
・妊婦健診は重要!
医師


毎日全国の感染者数の最高を更新している新型コロナウイルス感染症。令和2年4月7日に発出された緊急事態宣言を受けて、日本産婦人科学会と日本産婦人科医会から妊婦さんに向けての文書が公表されました。

日本産婦人科学会と日本産婦人科医会が出した文書の内容とは?

日本産婦人科学会と日本産婦人科医会が「妊婦のみな様へ」と題して公表した文書には、まず、妊娠中に新型コロナウイルス感染症にかかる率は一般の方と同じであること、妊娠中の重症化率も一般の方と同じかむしろ低い値が報告されているといった、妊娠していることと新型コロナウイルス感染との関連について記載されています。そして、感染予防のための注意(手洗い、3「 密」を防ぐ)も一般の人と同じであるとしています。

急な帰省分娩の検討はぜひ避けて!

少子化に伴い、分娩施設が減少し、分娩受け入れ件数を制限している施設も少なくありません。そのため、文書では、分娩は予約された数によってその体制が決まっており、特に地方の小規模施設は急に受け入れる余裕がないところがほとんどだとして、急な帰省分娩の検討はぜひ避けるようお願いしています。

大都市に比べて、地方は分娩施設が少ないだけでなく新型コロナウイルス感染症に対応できる医療施設も少ないことが考えられます。万が一帰省したあとに発症した場合、対応できない可能性も。また移動による感染リスクも高まるおそれもあります。

日々感染者数が増えるなか、当初里帰り分娩をする予定ではなかった方が実家に戻り、安心して出産したいと思う気持ちもわかります。しかし、移動によって生じるリスクやもし自分が感染していたことによる影響も考えて、かかりつけ医に相談していただければと思います。また、もともと里帰り出産を予定している方に対しても、「受診2週間前の帰省」や「帰省後の体温測定で約2週間発熱がないことを確認した上での受診」などをお願いしていたり、緊急事態宣言対象地域や感染拡大地域からの里帰り出産を制限している施設もあるようです。必ず里帰り先の産院の方針に従うようにしましょう。

妊婦健診は重要!

不要不急の外出に「通院」は含まれていませんが、やはり外出をためらってしまう妊婦さんもいらっしゃるかと思います。公表された文書では、妊婦健診の重要性が記載されています。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.