子育て情報『6月はこの名前が人気急上昇!6月生まれ男の子の名前ランキング』

6月はこの名前が人気急上昇!6月生まれ男の子の名前ランキング

目次

・1位蓮(主なよみ:れん)
・2位悠真 (主なよみ: はるま、ゆうま)
・3位樹(主なよみ:いつき、たつき)
・4位蒼(主なよみ:あおい、そう)
・5位湊斗(主なよみ:みなと)
・6位大翔(主なよみ:はると、ひろと)
・7位碧(主なよみ:あお、あおい)
・8位湊(主なよみ:そう、みなと)
・9位陽翔(主なよみ:はると、ひなと)
・9位颯真(主なよみ:そうま、ふうま)
2020年6月生まれの赤ちゃんの名前ランキング/男の子


ベビーカレンダーは、2020年6月生まれの男の子7,562名を対象に、『6月生まれベビーの名づけトレンド』に関する調査を行いました。6月生まれの男の子に人気の名前ランキング、結果は……!?

【 6月生まれの男の子に人気の名前ランキングTOP10 】

2020年6月生まれの赤ちゃんの名前ランキング/男の子


1位蓮(主なよみ:れん)

2018年、2019年の年間ランキングで1位の「蓮(主なよみ:れん)」。5月に引き続き6月も1位という結果で、非常に人気の高い名前です。呼びやすい上に覚えやすい二音ネームの「蓮」は、仏教の教えの中でも用いられ、水面に浮かぶ蓮(はす)の花を思い浮かべます。
蓮は泥水の中から育ち、夏に大きく美しい花を咲かせる植物でもあり、周囲に染まらない清らかさを感じられるようです。

2位悠真 (主なよみ: はるま、ゆうま)

2018年の年間ランキングでは4位、2019年は6位にランクインした「悠真(主なよみ:はるま、ゆうま)」が、4月7位、5月3位からさらにランクアップし、6月は2位にランクイン。「悠久」という単語にも使われる「悠」は「遥か遠く」「のんびりしている様子」を表し、「真実」「真面目」などにも使われる「真」は「正しい」という意味があります。「明るく素直な子・誠実な子になりますように」という願いが込められているようですね。

3位樹(主なよみ:いつき、たつき)

2018年の年間ランキングでは6位、2019年は4位にランクインした「樹(主なよみ:いつき、たつき)」は、4月・5月の5位からランクアップし、6月は3位にランクイン。2019年の漢字ランキング18位にランクインする人気漢字でもあります。「樹」は「大樹」「樹木」などに使われ、壮大な自然の中で育つ樹木のように「たくましくまっすぐに育ってほしい」といった想いを込めて名づけてもいいですね。

4位蒼(主なよみ:あおい、そう)

「蒼 (主なよみ: あおい、そう)」は2018年の年間ランキングでは15位、2019年は8位にランクイン。4月は7位、5月は2位、6月は4位にランクインし、昨今の人気の高さがわかります。明るく開放的で、おおらかな印象を持つ「あ」から始まる名前。青々と力強く生い茂る草を連想させる「蒼」は、「草木が生い茂る」という意味から、すくすくと育つ植物のようにさわやかで健康的なイメージを持ちます。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.