子育て情報『花をイメージする名前が人気♡女の子の「植物ネーム」人気ランキングTOP20<上半期>』

花をイメージする名前が人気♡女の子の「植物ネーム」人気ランキングTOP20<上半期>

目次

・1位陽葵(主なよみ:ひなた、ひまり)」
・2位結菜(主なよみ:ゆいな、ゆな)
・3位莉子(主なよみ:りこ)
・4位芽依(主なよみ:めい)
・5位葵(主なよみ:あおい)
・6位陽菜(主なよみ:ひな、はるな)
・7位咲良(主なよみ:さくら、さら)
・8位さくら
・9位杏(主なよみ:あん)
・10位杏奈(主なよみ:あんな)
・11位芽生(主なよみ:めい)
・12位琴葉(主なよみ:ことは)
・13位美桜(主なよみ:みお)
・14位柚葉(主なよみ:ゆずは)
・15位花(主なよみ:はな)
・16位彩葉(主なよみ:あやは、いろは)
・17位咲茉(主なよみ:えま)
・18位朱莉(主なよみ:あかり)
・19位一花(主なよみ:いちか)
・20位楓(主なよみ:かえで)
花をイメージする名前が人気♡女の子の「植物ネーム」人気ランキングTOP20<上半期>


ベビーカレンダーは、2020年1月から6月に生まれた45,577名の女の子を対象に、『上半期の名づけトレンド』に関する調査を行いました。2020年上半期、女の子に人気の植物ネームTOP20を発表します。

1位陽葵(主なよみ:ひなた、ひまり)」

2018年の年間ランキングで6位、2019年は1位にランクインした「陽葵(主なよみ:ひなた、ひまり)」。2020年5月、6月と2カ月連続で首位を獲得し、特に6月は1カ月間で「陽葵」と名づけられた人数が過去最多となりました。葵は梅雨から夏にかけてきれいな花を咲かせることから、上半期特に多く名づけられました。

2位結菜(主なよみ:ゆいな、ゆな)

「結菜(主なよみ:ゆいな、ゆな)」は、2018年の年間ランキングで3位、2019年は5位にランクイン。かわいらしい黄色の菜の花を連想させる「菜」は、女の子の止め字として人気が高い漢字で、2019年の人気漢字ランキング4位にランクインしています。

3位莉子(主なよみ:りこ)

2018年の年間ランキングでは8位、2019年は6位にランクインした「莉子(主なよみ:りこ)」。「莉」という漢字は3~5月に開花時期を迎える「茉莉花(ジャスミン)」に使われており、可憐で上品な印象を受ける名前です。

4位芽依(主なよみ:めい)

「芽依(主なよみ:めい)」は2018年の年間ランキングでは7位、2019年は8位にランクインした名前です。5月は英語で「MAY(メイ)」と発音することからか、月間ランキングでは4月11位から5月2位へと大きくランクアップするという結果になりました。草木の発芽、芽が出はじめることを意味する「芽」は、エネルギッシュな印象を受けます。

5位葵(主なよみ:あおい)

「葵(主なよみ:あおい)」は2019年女の子の名前ランキング3位にランクイン。6月は葵の花が見頃を迎えることから、別名「葵月(あおいづき)」ともいわれており、「葵」という名前が多く名づけられる傾向です。太陽に向かって伸びる葵のように「すくすくと健康に、誠実に成長しますように」という想いが込められているような名前です。 

6位陽菜(主なよみ:ひな、はるな)

太陽を連想させる「陽」に、菜の花のイメージのある「菜」を合わせることで、あたたかく親しみやすい印象の「陽菜(主なよみ:ひな、はるな)」。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.