子育て情報『「吃音?」ごめんね…気付けなくて。上の子がスムーズに話せなくなって』

2020年11月24日 17:30

「吃音?」ごめんね…気付けなくて。上の子がスムーズに話せなくなって

目次

・環境の変化も負担になっていた原因の1つ
・じょうずに話せていたのに吃音が出るように
・とにかく理解し周りがサポートする
・言わないだけで上の子も不満はあるはず
・著者:中西まむ
弟をあやす兄


下の子が生まれて環境の変化があったり、引っ越しや一時保育に通うようになったりしたせいか、長男に吃音が出始めました。こういった変化が負担になっているのかもしれないと思い、長男の気持ちを優先し改善を目指してサポートしていった経験をお話しします。

環境の変化も負担になっていた原因の1つ

長男が2歳を過ぎたころ、次男が生まれ環境が変わりました。イヤイヤ期でまだまだ甘えたい長男でしたが、生まれたての赤ちゃんがいるのが当たり前の生活になりました。そして私のワンオペ育児のストレスを少しでも減らすために、長男を一時保育に通わせることに。

しかし、少ししてから引っ越しをすることになり、長男は新しい保育園の一時保育に変わりました。私たち親の勝手な行動で環境の変化が目まぐるしく、このときから少し不安定になってしまったのかもしれません。

じょうずに話せていたのに吃音が出るように

長男はある程度話せる言葉が増えてきて会話もスムーズになっていましたが、あるとき吃音が出ていることに気づきました。何か話そうとしてくれますが、最初に発しようとする単語の一文字目を続けて何回も言ってから、そのあとの言葉が出てきます。

長男は特に気にしていない様子でしたが、思うように言葉が出ないことが少し苦しそうに見えました。今まで問題なく話すことができていたのに、明らかに変わってしまったので私も不安になり、いろいろ調べて「吃音」ということを知りました。

とにかく理解し周りがサポートする

ネットの情報でしたが、吃音のことを理解し、そのとき行っていた育児相談の方にもアドバイスをいただきながら、焦らせることのないようゆっくり話を聞いてあげるということを意識して長男に寄り添うようになりました。

そして、上の子だからお手伝いすることは当たり前ではなく、ありがとうと言ってあげることや、我慢ばかりにならないように夫にも協力してもらいました。そのおかげか、約2年ほど時間はかかりましたがだんだんと吃音が減っていき、長男も落ち着きを取り戻すようになりました。 

言わないだけで上の子も不満はあるはず

私自身も長男の気持ちを理解してあげられると思っていましたが、産後でもあり育児に余裕がなくなると気持ちまで考えてあげるということができなくなりました。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.