子育て情報『コンビニでOK!助産師がおすすめする「つわり救済フード」セレクション』

コンビニでOK!助産師がおすすめする「つわり救済フード」セレクション

目次

・つわりのときにとりたくなる味とは
・すっぱいもの:梅・酢
・すっぱいもの:レモンや柑橘類
・その他
・炭酸水や食べ物から水分を取るようにする
・仕事や家事の合間などの軽食におすすめ
・その他こんな食べ物も!
・揚げ物
・そうめん
助産師がおすすめする「つわり救済フード」の画像


つわりは妊娠6週ごろから始まり、約8割の妊婦さんが経験するといわれています。つわり症状は個人差が大きく、まったくつわりがない方から、なんとか生活ができたという方、入院するほどの重症化する方もいるほどです。

今回は、つわりで辛い妊婦さんでも食べられる、コンビニやスーパーで手軽に買える食品を紹介します。

つわりのときにとりたくなる味とは

妊娠すると、味の好みが変わると良くいわれています。個人差はかなりありますが、すっぱいものやしょっぱいものが好まれて食べられているようです。これらのものは、いつものサラダやスープなど料理の中に取り入れたり、飲み物や飴・ガムなどのお菓子の味に選んだりするといいですね。

すっぱいもの:梅・酢

コンビニでOK!助産師がおすすめする「つわり救済フード」セレクション


コンビニでもたくさんラインナップされて入れうのが梅のお菓子。懐かしのお菓子から、飴やグミなど食べ比べてみるのもいいですね。

すっぱいもの:レモンや柑橘類

コンビニでOK!助産師がおすすめする「つわり救済フード」セレクション


レモン味はおしゃれなものから刺激的なものまであります。一口で食べられるものだと便利ですね。

その他

塩気のあるもの、塩昆布などのしょっぱいものもおすすめ。これから冬になるとたくさん出てくる「しょうが味」はつわり症状を軽減させるという報告もあるようです。

炭酸水や食べ物から水分を取るようにする

コンビニでOK!助産師がおすすめする「つわり救済フード」セレクション


つわりのときは、水分が取りづらいという方がいます。炭酸水や酸味があるもの、また冷たいものが飲みやすいのであれば、まずは飲み物にもレモン味のものを取り入れてみるといいでしょう。

水分は受け付けないという場合は、ゼリーや氷などで水分補給をしましょう。スーパーやコンビニなどで売っているカットフルーツなどもおすすめ。また、ミニトマトであれば、カットせずそのままでも食べられてとても便利です。 

コンビニでOK!助産師がおすすめする「つわり救済フード」セレクション


ランチがパスタやおにぎりなど炭水化物がメインになってしまうときには、カットフルーツやフルーツ入りヨーグルトをプラスするだけで栄養バランスがよくなります。また、冷凍フルーツは賞味期限も長く家に常備しておくと便利です。

【おすすめの食べ物】

・炭酸水(レモン果汁入りを選ぶ人が多い)
・乳酸飲料水
・アイス(クリーム系よりもかき氷や氷菓子の方が食べやすい)

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.