子育て情報『転倒してクモ膜下出血!大晦日に4針縫うケガなど、5歳次男のケガ体験談』

2021年2月10日 17:30

転倒してクモ膜下出血!大晦日に4針縫うケガなど、5歳次男のケガ体験談

目次

・大晦日に口を4針縫う
・転んで外傷性クモ膜下出血
・フローリングで滑り、歯を折る
・著者:小林まり
はしごを登る男の子


わが家には4人子どもがいますが、なかでも5歳の次男は本当にケガが多いです。周りの2人以上子育てをしている人から「2人目はケガが多い」と言うようなことは聞いていたのですが、わが家もそれに当てはまってしまいました。いったいどんなところでケガをしてしまったのかお話しします。

大晦日に口を4針縫う

次男が3歳の冬、大みそかの夕飯もお風呂も歯磨きも終わり、あとは寝るだけ! というときのことです。私はほかの子どもの面倒を見ていたのか家事をしていたのかよく憶えていないのですが、次男は粘土でつくった作品を2階にいた夫に見せようと、両手が使えない状態で階段をのぼって行ったようでした。

「ごとん!」と音がして階段から大泣きする声。行ってみると次男が口から血を流していたため、急いで救急外来を受診したところ、4針縫う大けがに。それ以来「階段を上るときには物を持たない!」がルールになりました。

転んで外傷性クモ膜下出血

季節は過ぎて3月末。家の目の前のちょっとした広場で上の子が自転車に乗るのをなんとなく見守りながら、夫は庭に布団を干し、私も家の中で家事をしていました。すると突然の泣き声と、夫の「血がすごい! タオル持ってきて!」という声。慌てて行ってみると、次男の頭から大量の血が。

次男は置いてあったお兄ちゃんの自転車に自分も乗ってみたいと持ち上げたものの、重さに耐えきれずそのまま倒れて頭をコンクリートに打ってしまったようでした。

タオルで押さえましたが、出血や髪の毛がごっそり抜けたときは私も血の気が引きました。すぐに病院に行き、傷をホチキスでとめましたが、クモ膜下出血も起こしていることがわかり、1週間の入院となりました。

フローリングで滑り、歯を折る

頭のケガは完治し後遺症もなかったものの、その後も次男はふとした瞬間によくケガをしました。例えば車の乗り降りで足を滑らせドアの端に額をぶつけて跡が残るほどのケガをしたり、外遊びで転んで鼻の下を切り跡ができてしまったり。

家の中でもフローリングと畳の継ぎ目でつまずき、顔面から転んで歯を折ってしまったこともありました。幸い乳歯だったため、今は永久歯が無事に生えてくるのを待っている状況です。

うちの第2子のケガが多い原因は、まだ体のバランスが悪いことや上の子のまねをして無茶をすること、親が見きれていないことなどがあると思います。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.