子育て情報『保育園で大人気なのはコレ! 現役保育士がおすすめする冬の遊び【室内編】』

2020年12月17日 22:00

保育園で大人気なのはコレ! 現役保育士がおすすめする冬の遊び【室内編】

目次

・氷あそび(1歳半ごろから)
・秋の採集物でリース作り(2歳ごろから)
・風船パンチパンチ遊び
・ビニール袋の凧作り(2歳ごろから)
氷遊びの画像


こんにちは、保育士の中田馨です。いよいよ冬本番になってきましたね。冬はお天気がよくても、気温が低かったり風が強かったりする日は、なかなか外遊びができないですよね。でも、子どもは外遊びが大好き! そんなときに保育園でしている室内遊びを紹介します。

氷あそび(1歳半ごろから)

寒い冬だからこそ、あえて氷あそびをしてみませんか?

冷凍庫で作った氷ももちろんOKですが、バケツにはった水を一晩外において氷が作れるなら、さらに楽しいですね。氷はバケツだけでなく、いろいろな容器でいろいろな形のものを作ってもいいでしょう。水を容器に入れるところから親子で取り組んでみましょう。

氷遊びでは、氷が水へと変わっていく不思議さを親子で観察します。こすって、触って、溶かすのもいいですし、お湯をかけたらどうなるかを見るのもいいでしょう。また、絵の具で色付けした水を氷にしたり、ブロックなどを入れて氷を作り取り出したりするのも楽しいです。

※ブロックなどのおもちゃは対象年齢をご確認の上使用してくだい。

秋の採集物でリース作り(2歳ごろから)

リース作りの画像


秋、公園に行きどんぐりやまつぼっくりを採集してきましたか? もし、採集してきたものがおうちにあったら、リース作りをしてみましょう。

【材料】
リース(100均のものでOK)…1つ
どんぐりやまつぼっくりなど…適量
細い針金…適量

【用意するもの】
接着剤、またはグルーガン
ポスターカラー、リボン(家にあれば)

どんぐりやまつぼっくりは、そのままリースにくっつけてもいいですが、ポスターカラーで色付けするとさらに楽しいリースができます。テーブルに新聞紙を敷いて、汚れても大丈夫な服装に着替えて、子どもと一緒に色付けを楽しみましょう。リースにドングリなどをくっつけるのはママの役目。グルーガンを使うときは熱いので十分に気を付けてください。

風船パンチパンチ遊び

風船パンチパンチ遊びの画像


外に出られないくらいの寒い日は、室内でできる運動遊びを取り入れてみるのも一つです。ただ、風船をポンポンと跳ねさせるのもいいですが、少し工夫するだけで子どもたちも大喜びします。

【材料】
風船…1~5個
ひも(スズランテープなど)

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.