子育て情報『12人を産んだ助産師HISAKOさん46歳が高齢出産のリスクを語る!』

2021年7月11日 21:00

12人を産んだ助産師HISAKOさん46歳が高齢出産のリスクを語る!

目次

・12人目がどうしても欲しかった!
・妊娠が継続するとは思っていなかった
・来るもの拒まず受け入れるしかない
YouTube「【12人産んだ】 助産師HISAKOの子育て学校」


YouTube「【12人産んだ】 助産師HISAKOの子育て学校」は、12人のお子さんを産んだ助産師HISAKOさんのチャンネル。登録者数は28.6万人でママたちの間でも話題になっています。今日は、HISAKOさん46歳が12人目のお子さんの高齢出産のリスクについて語る動画をご紹介!

12人目がどうしても欲しかった!

YouTube「【12人産んだ】 助産師HISAKOの子育て学校」


まずは、12人目の不妊治療について教えてくれました。HISAKOさんは前の旦那さんとのお子さんが10人います。再婚して、11人目となる今の旦那さんとのお子さんが1人生まれただけでも最初は十分と思っていたそうです。でも、どこかで11人目のお子さんと同じ遺伝子を引き継いでいる兄弟を作ってあげたいと思ったそう。

「上の兄弟たちに失礼かもしれないけど、自分の気持ちに嘘つかんとこ!」と明るく本音を話してくれるHISAKOさん。

できることは全部やって、それから諦めようと44歳で不妊治療をスタートしました。しかし、顕微受精を5回行っても妊娠できませんでした。やれることはやったから諦めようと言いつつ、手帳には排卵の日にハートマークをつけていたそうです。45歳の1年間はそんなふうに過ごしていました。46歳になってそれももうやめようと決めて、普通に過ごし、でも避妊はしないでいたら、なんと自然妊娠が発覚!

妊娠が継続するとは思っていなかった

YouTube「【12人産んだ】 助産師HISAKOの子育て学校」


助産師であるHISAKOさんは、46歳での自然妊娠率、流産率などを考えて、奇跡で妊娠はできたけれども、「きっと流産するな」と思ったそうです。ところが、流産せずにお腹の子は乗り切ってくれました。

46歳の妊娠の心配は流産だけではありません。例えば、染色体異常であるダウン症のリスクは、20代であれば1万分の1ですが、35歳になると300分の1に、46歳になると30分の1になるそう。実際にHISAKOさんも出生前診断について考えました。 

でも、出生前診断でわかるのは一部の染色体異常のみ。それ以外にも生まれてこないと分からない異常もたくさんある。さらに、生まれたときは元気でも、そのあと病気や怪我をすることもある。そう思ったら、「そんだけわかって、だから何なん?」と思ったそう。

来るもの拒まず受け入れるしかない

YouTube「【12人産んだ】 助産師HISAKOの子育て学校」


結局は、受け入れるしかないというという結果になったHISAKOさん。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.