子育て情報『え?赤ちゃんによって違いすぎ?超絶可愛い「クーイング」「笑いのツボ」って?【2カ月】』

2021年10月17日 18:00

え?赤ちゃんによって違いすぎ?超絶可愛い「クーイング」「笑いのツボ」って?【2カ月】

手足の動きが活発になり、表情もさらに豊かになってくる生後2カ月。自分の周りの人や物などに興味を示すようになるので、かわいいしぐさがたくさんみられます。2カ月ちゃんの動画をまとめてご紹介します!

2カ月ちゃんってどんな感じ?

個人差はありますが、飲んでは寝るの繰り返しだった赤ちゃんも、少しづつ日中起きていることが増え、夜中に起きる回数が減って、夜まとめて寝てくれるように。視力もさらに発達して、物に焦点が合うようになり、色を見分けられるようにもなります。また声を出すようになって表情もより豊かになってきます。筋肉が発達して、手足の動きも活発になり、うつぶせにしたとき、首を持ち上げようとする赤ちゃんも。

※赤ちゃんをうつぶせにするときは、柔らかい場所を避け、必ず大人が目を離さないようにしましょう。

この時期特有のしぐさって?

固視・追視

生後1、2カ月ごろになると、近くの物なら認識できるようになります。赤ちゃんの目から20~30cmくらいのところにおもちゃなどを置いてあげると、じっと見たりします。(固視力)。生後2カ月を過ぎると左右にゆっくり動いている物を目で追うように。(追視)

指しゃぶり

自分の手に興味を持ち、口に入れて確認しようとします。指でなくこぶしをしゃぶる赤ちゃんも。この時期の指しゃぶりは発達現象の1つなので心配はいりません。

社会的微笑

あやされたりしてうれしいときや、人の顔や声に反応したときに表情豊かに笑うようになります。なかには声を出して笑う赤ちゃんも。

クーイング

泣き声と違って、舌を使わない「あー」「うー」「くー」などといったやさしい声をクーイングと言い、赤ちゃんの成長によって口やのどの形が変化することで出る声と言われています。クーイングは赤ちゃんの機嫌が良いときに見られます。

あやすと笑ったり、クーイングが始まったりとますますかわいくなってくる2カ月ちゃん。赤ちゃんが反応してくれるとママやパパもうれしいですが、赤ちゃんもママやパパが反応してくれるとうれしくてご機嫌になります。赤ちゃんの声をまねしたり、歌に合わせて手足を動かす遊びなどを取り入れて、この時期ならではのコミュニケーションを楽しんでくださいね。

監修者・著者:助産師 REIKO
医療短期大学専攻科(助産学専攻)

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.