子育て情報『レトロな見た目と裏腹に超便利!台湾発の「大同電鍋」が忙しいママの救世主に♪【家事ラク家電】』

2021年12月6日 16:30

レトロな見た目と裏腹に超便利!台湾発の「大同電鍋」が忙しいママの救世主に♪【家事ラク家電】

私は以前、調理時間をもっと短縮して、空いた時間を他の家事に回したり、子どもたちとの触れ合いの時間に使うことができないかと悩んでいました。そんなとき、台湾生まれの万能電気釜「大同電鍋」を使うことで、調理時間をグッと短縮でき、空いた時間を他のことへ回すことができました。今回は1台で炊く、蒸す、煮込むことができる「大同電鍋」を紹介します。

目次

・大同電鍋を購入した理由
・大同電鍋について詳しく解説
・大同電鍋を使ってみた感想
・著者:千葉 里美


台湾生まれの万能電気釜「大同電鍋」


大同電鍋を購入した理由

私には手のかかる年齢の4人の子どもがいます。育児や家事で毎日が慌ただしく、バタバタと過ごしていたので、少しでも子どもたちとの時間を増やしたいと思い、調理時間を見直すことにしました。早速ネットで「時短 料理」で検索をかけることに。

すると、調理中に席を外せる調理家電の存在を知りました。よく聞く電気圧力鍋や自動調理鍋などは金額が高い物が多いですが、台湾初の電気釜である「大同電鍋」はお手頃な金額。使い方は入れる水の量を調節しスイッチを押すだけで簡単。これなら使いこなせるかも! と購入に至りました。

大同電鍋について詳しく解説

大同電鍋について詳しく解説


Mサイズ1.08L(6号炊き)は、約幅310×奥行255×高さ240mm、質量3.2kg。Lサイズ1.8L(10号炊き)は、約幅348×奥行290×高さ256mm、質量4.4kg。カラーバリエーションは、M・Lサイズ共通で、赤、白、緑、アクアブルー、Mサイズは、ローズゴールド、きはだいろもあります。私はモノトーンカラーが好きで、家電製品はすべて白か黒で統一しています。

迷わず「大同電鍋」も白色を選んだのですが、キッチンやモノトーンカラーの家電製品とよく馴染むため気に入っています。私は「大同電鍋」をほぼ毎日使うため、キッチンの台の上に出したままにしています。内釜はステンレス製で、使い方は材料と水を入れスイッチを押すだけ。調理後、自動で保温に切り替わります。わが家は6人家族で作る量が多いため、Lサイズを購入しましたが正解でした。

大同電鍋を使ってみた感想

大同電鍋を使ってみた感想


ガス調理よりも時間短縮ができ、肉じゃがを調理すると約20分で完成します。「大同電鍋」を使う前の夕飯の調理時間は、使った調理器具を洗う作業も含め約1時間かかっていましたが、現在は約40分となり20分ほどの時間短縮となりました。

調理中はキッチンから離れて別の作業をすることにより、1日のルーティーンに余裕が生まれました。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.