子育て情報『「出費は折半で」子育てママへの配慮は一切なし?離婚を考えるほどの彼からの要求』

「出費は折半で」子育てママへの配慮は一切なし?離婚を考えるほどの彼からの要求

20歳のころに今の夫と付き合い始めて、今年で9年。実は、私たちは交際当初からずっとお金を折半しています。子どもを出産し、私の仕事が時短勤務になって収入が減っても、彼は一切考慮してくれません。そもそも、なぜ折半になったのかというと……。

目次

・頼りになる年上の彼
・お金は折半で!
・9年経った今でも謎の契約が続き…


「出費は折半で」子育てママへの配慮は一切なし?離婚を考えるほどの彼からの要求


「出費は折半で」子育てママへの配慮は一切なし?離婚を考えるほどの彼からの要求


頼りになる年上の彼

当時、20歳だった私は、短大で彼と出会いました。彼は私の9歳年上。社会人として働きながら、国家資格を取るために職業訓練生として私と同じ短大に通っていました。

彼女がおらず、趣味の水泳やフットボールをにのめり込んでいた彼。一方の私には交際中の男性がいたのですが、別れるか別れないかの瀬戸際にいて、結局別れてしまいました。その後、ずっと恋愛相談に乗ってくれていた彼と付き合い始めました。

ちなみに元彼と別れた理由は、職場の先輩に誘われたことがきっかけで、元彼が夜のお店にどっぷりはまってしまい、とても嫌な思いをしたからです。そのとき、親身になって話を聞いてくれたのが彼でした。

適切なアドバイスをくれる年上の彼に頼もしさを感じていた私は、彼から告白されたとき、「こんなに素敵な人と付き合えるなんて」と、とてもうれしかったのを覚えています。

お金は折半で!

社会人だった元彼はかなり稼いでいて、基本的に私が欲しい物は何でも買ってくれました。私がお金を出したのは、元彼の誕生日とクリスマスにあげたプレゼントくらいだったと思います。

そのことを彼に話すと、「俺も誕生日やクリスマスのプレゼントは買う。でも、デートにかかるお金や車のガソリン代などはすべて折半にしたい。元彼と同じは嫌だから」と言い出しました。

今になって考えると彼の主張はよくわからないのですが、当時の私は『恋は盲目』と言わんばかりに、二つ返事で「わかった!」と言って、そのときは納得してしまったのです。

9年経った今でも謎の契約が続き…

それから9年が経ち、このよくわからない契約が今でも続いています。結婚し、子どもが二人できて私が時短勤務になっても、生活費はすべて折半です。正直つらいです。

彼は正社員として働いてボーナスももらい、最新家電が発売されたらすぐさま買いに行きます。一方の私は、時短勤務で稼いだわずかな給料は生活費や保育料にすべて消え、貯金もできません。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.