子育て情報『通りすがりに100万回は言われた!?「プレッシャーになった言葉」とは?』

2022年5月22日 14:30

通りすがりに100万回は言われた!?「プレッシャーになった言葉」とは?

娘とのお出かけ中、いろいろな人に必ずと言っていいほど声をかけられるように。その中で毎回のように言われて、とってもプレッシャーになった言葉があるのだそう。その言葉とは……?

子どもが生まれてから、知らない人から声をかけられることが増えました。
特に子育てを終えた世代の女性や年配の方が多かったのですが……

100万回は言われた気がする言葉

ママならぬ日々146


なぜそんなにも靴下が気になるの!?

娘は靴下を勝手に脱いでしまうタイプだったので、気がつくと片方だけになっていたり、両足履いてなかったりすることが多々ありました。そのたびに仕方なく裸足にしておいたのですが、それをよく指摘されました。通りすがりの方だけでなく、親や親戚からも何度言われたことか……。

その際に「かわいそう!」「風邪をひいちゃうよ!」という感じで言われるので、あれこれ考えすぎるタイプの私は、「靴下も買ってあげられないのかと思われている!?」「子どもの世話を放棄している親みたい!?」と一時期結構気にしてしまい、予備の靴下を持って外出し、娘が靴下を履いているかのチェックを頻繁にしていました。

(途中からめんどくさくなって「脱いじゃうんですよアハハ〜」で済ませていましたが……)

もし自分が将来「赤ちゃんを見るとついつい話しかけてしまうおばちゃん」になっても、靴下靴下言わないでおきたいです。

著者:マンガ家・イラストレーター 和田フミ江
姉妹の母。趣味はゲームと旅行と美味しいものを食べること。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.