子育て情報『「旦那さんの子どもを妊娠しました♡」と突然の略奪連絡→夫は2年前に亡くなったのに?一体何が…!?』

「旦那さんの子どもを妊娠しました♡」と突然の略奪連絡→夫は2年前に亡くなったのに?一体何が…!?

目次

・女性の正体
・死者との子ども?
・夫からのメッセージ
「旦那さんの子どもを妊娠しました♡」と突然の略奪連絡→夫は2年前に亡くなったのに?一体何が…!?


夫の元カノを名乗る女性から、突然「彼の子どもを妊娠したから離婚しろ」と迫られた私。しかし、夫は2年前に不幸な事故で亡くなっているのです……。

亡くなった夫との子どもを身ごもっているという女性。どう考えても計算が合いません。そこで、私は義母に助けを求めることにしたのですが……?

女性の正体

「あらあらお久しぶりね!どうしたのかしら?」と元気な声で電話に出てくれた義母。私は夫の元カノを名乗る女性から電話があったことを打ち明けました。

「ああ、その子ね……一言で言うと、とんでもなくわがままな子、かしらね……」「中学のころの同級生で、大人になってから同窓会で再会して付き合い始めたんだけど……」

彼女のわがままも、最初は「すぐに返信して」「電話には5秒以内に出て」などとかわいいものだったそう。しかし、わがままはエスカレートして、夫が繁忙期でデートができないと言うと、すぐに浮気して「私にさみしい思いをさせたあんたが悪い」と理不尽な理由で夫を責めていたのだとか。


「あんたのためにキレイでいてあげるんだから」と美容代としてお金をせびったり、冬のデートで夫を数時間も待たせ風邪を引かせたり……。聞くに堪えないエピソードが次々と飛び出してきました。

「挙句の果てに、どこかの金持ち男に乗り換えて、息子のことを捨てたのよ」「ようやく息子のすばらしさに気付いたんでしょうけど……許せないわね」と義母。私も怒りで拳を強く握りしめました。

死者との子ども?

2週間後――。

連日のように、「離婚しろ」と連絡をよこす彼女。「偶然街中で再会して、『どうかもう一度僕と付き合ってくれ』って迫られちゃって」「私のわがままに笑顔でこたえてくれたのは彼だけ、きっと私たちは運命の赤い糸でむすばれているのよ!」と毎度毎度飽きもせず同じ話を繰り返します。

「私、あなたの旦那様の子供を妊娠してるの!」

「彼には責任を取ってもらうからさっさと離婚しろw」

「夫は2年前に亡くなりました」
「え?」

耐えかねた私は、彼女に夫が亡くなったことを告げました。
2年前に亡くなった夫にどのように迫られたのかと聞くと、彼女は大慌て。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.