子育て情報『初めての育児なのに夫は夜勤…孤独やストレスを感じず育児をする方法』

初めての育児なのに夫は夜勤…孤独やストレスを感じず育児をする方法

目次

・アプリで育児記録を共有
・休日は夫とともに育児
・実家に頼ることをすすめてくれた
・著者:谷 まゆみ
パパ育児のイメージ


夫は交替勤務制で夜勤がある仕事をしています。私は初めての育児でわからないことだらけ。それだけでも心細いのに、長時間ひとりで育児をしなければなりませんでした。はじめは不安でいっぱいでしたが、今では孤独やストレスを感じない育児をしています。そんなわが家の育児をお伝えします。

アプリで育児記録を共有

育児を長時間ひとりでするという孤独感を解消するのに役立ったのが、育児記録を共有できるアプリです。

夫は休憩中に、アプリで育児記録を確認。「昨夜はあまり寝られなかったんだね。今日帰ったら娘と散歩するから、その間ママはお昼寝して休んでね」「今日はうんちが多くて、おむつ替えが大変だったね」など、私に対する気づかいや、娘の様子をうかがう連絡をくれるようになりました。

夫は家にはいないけれど、私はひとりじゃないのだと思い、孤独感が解消されました。 

休日は夫とともに育児

休みの日は夫が積極的に育児をして娘と関わっています。はじめはうんちのおむつ替えが苦手だったり、何をするにも私に聞いてきたり、私ひとりで育児をする方が要領よくできると思うこともありました。

しかし、今では夫は授乳以外の育児はすべてできると言っても過言ではありません。夫と娘だけで児童館へ出かけたり、夫婦で離乳食を作ったりもしています。夜勤の日の私の育児負担は大きいですが、休みの日に積極的に育児をしてくれるので負担が軽減されています。

実家に頼ることをすすめてくれた

私は産後里帰りをせず、産後1カ月間、実母が夫の夜勤の日だけ泊まりで手伝いに来てくれていました。その期間が終わろうとしていたころ、夫が「今後もたまには僕が夜勤の日に実家に頼らせてもらえたらいいなぁ」と言ってきました。

いつまでも実家に頼っていてはいけない、私の実家ばかり頼ることを夫は快く思わないのではと思っていた私にとってうれしい言葉でした。この夫の言葉で、産後1カ月以降も育児でしんどい日は実家に帰省したり実母に助けに来てもらったり、実家に甘えやすくなり、ストレスなく育児を乗り切っています。 

夫が夜勤のある仕事で、初めての育児。不安、孤独で押しつぶされそうなときもありました。しかし夫の気づかいや実家の助けもあり、「私はひとりじゃない」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.