子育て情報『毎年やっておけばよかった!年始に子どもと楽しめるカレンダーづくり』

2020年1月1日 08:35

毎年やっておけばよかった!年始に子どもと楽しめるカレンダーづくり

目次

・作ろうと思ったきっかけ
・オリジナルカレンダーの作り方
・途中の工程、仕上げは子どもと一緒に!
・著者:堀ちなつ
手作りカレンダー


家族全員の予定を把握するための必須アイテムともいえるカレンダーを、思い切って子どもと一緒に作ってみることにしました! 買うよりも安く、簡単にできるカレンダーの作り方をご紹介します。

作ろうと思ったきっかけ

手作りカレンダー2例


わが家では毎年、新年を迎える前にカレンダーを購入していました。今年も購入しようと見に行ってみたものの、値段を見てみると1,000円前後するものも。

少し高いと感じた私は、使いやすいものを自作すればいいのではないかと考え、ネットで調べたところ、無料でダウンロードできるカレンダー表を発見! そこで、新しいカレンダーは購入せずに、子どもと一緒にオリジナルカレンダーを作ることにしました。

オリジナルカレンダーの作り方

①カレンダーの表を印刷します。カレンダーはネットで無料で配布されているものを使いました。私は「パソコンパソコンカレンダーサイト」というサイトを使用しました。

もともとフォーマットになっている表があるので、作るのはとても簡単。日付をクリックすれば予定を書き込めるので、すでに決まっている月の予定や誕生日などをあらかじめ記入して作りました。スタンプも用意されているので、簡単にかわいくデコレーションすることも可能。カレンダーのデザインが決まったあとは、好きなサイズで印刷します。

②印刷したカレンダーの大きさより、少し大きめに画用紙(または段ボール)を切ります。

③画用紙(または段ボール)に印刷したカレンダー表を両面テープまたはのりで貼り付けます。

④画用紙(または段ボール)にパンチで穴を開け、穴に紐またはカードリングを通して画用紙を繋げたら本体は完成です。

途中の工程、仕上げは子どもと一緒に!

今回は子どもと一緒に作りたかったので、2歳半の長女には、画用紙を切る作業と、印刷したカレンダーを画用紙にのりで貼る作業を手伝ってもらいました。長女は最近になってのりやハサミに興味を持ち始めていたので、練習も兼ねて一緒に作りました。そして仕上げに、できあがったカレンダーには子どもが好きなシールをたくさん貼ってもらいました。

シールはほとんど家にあるものを用いたので、材料費はほぼ0円で作ることができました。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.