2015年10月8日 06:15|ウーマンエキサイト

「赤ちゃんの名前は?」 おかっぱちゃんの子育て奮闘日記 Vol.5 

Boojil(ブージル)
ライター (イラストレーター・エッセイスト・漫画家)
Boojil(ブージル)
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
「赤ちゃんの名前は?」 おかっぱちゃんの子育て奮闘日記 Vol.5 
産後、数日が経ち、ようやく迎えた退院の日。
入院中に、授乳から、沐浴、産後の赤ちゃんのケアなど、ひととおり教えてもらったし、あとは実践するのみ。あぁ、これからノンストップの育児が始まるのだな。

腕の中にすっぽりと収まる生後間もないこの子に、なんて名前をつけようか…。

そんなことを考えながら、小さな息子を抱いて、病院の外へ出る。久しぶりに浴びる日差しがじんわりと体に沁み渡る。

その日は、とても天気の良い5月10日、ちょうど母の日だった。
「お母さんになったんだなぁ」。嬉しくて涙が出た。

「赤ちゃんの名前は?」 おかっぱちゃんの子育て奮闘日記 Vol.5 

夫と両親が出迎えてくれ、車で実家へ帰る。
里帰り出産だったわたしは、横浜にある実家で夫婦揃って約1カ月程度生活することにしていた。

産後1カ月は、体もガタガタだし体力も低下している。周りの友人から「何もしない方が良い。家事なんてもってのほか!」と、言われていた。

それもそのはず、この時期にいろいろと頑張りすぎると更年期に響くらしい。ならば、こんな機会めったにないし、両親に甘えようかしら。

久しぶりの実家での暮らしは快適だった。
母が全ての家事をこなしてくれるし、父も買い物に出てくれたりと何かと協力してくれる。

わたしは息子が泣けば、おっぱいをあげて、おしめを替えるくらいで
お腹が空けば食べ、眠い時に寝る。
2時間置きの授乳で、まだまだ寝不足状態が続いていたけれど、それでもこんなに快適な生活を送れる実家を天国かと思った。

「あぁ、母がマザーテレサに見える。じゃあ、父はなんだ、大黒様か」「赤ちゃんの名前は?」 おかっぱちゃんの子育て奮闘日記 Vol.5 

Boojil(ブージル)
Boojil(ブージル)の更新通知を受けよう!
確認中
Boojil(ブージル)
Boojil(ブージル)の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
Boojil(ブージル)
Boojil(ブージル)の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
Boojil(ブージル)
Boojil(ブージル)をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
Boojil(ブージル)
Boojil(ブージル)の更新通知が届きます!
フォロー中
Boojil(ブージル)
Boojil(ブージル)の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.