2016年3月3日 07:15|ウーマンエキサイト

本当に効果がある英語教育はどれ? 幼児期の英語環境づくり

佐々木月子
ライター
佐々木月子
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
英語を学ぶ環境は、インターナショナル・プリスクールや英語保育園、英会話スクールなどたくさんあって、どこがいいのか迷ってしまいますよね。それぞれの特徴と選び方について、バイリンガル育児コンサルタントの山田日弓さんに伺いました。

目次

・インターナショナル・プリスクール(以下、プリスクール)
・英語幼稚園
・英会話スクール
・英語家庭教師
・プチ親子留学(短期親子留学)


英語を学ぶ環境は、インターナショナル・プリスクールや英語保育園、英会話スクールなどたくさんあって、どこがいいのか迷ってしまいます

© BillionPhotos.com - Fotolia.com


インターナショナル・プリスクール(以下、プリスクール)

英語のみ、または主に英語で保育を行う保育施設のことです。
毎日、英語にたっぷり触れられるので、自然と英語が身につきます。
英語を勉強として学ぶのではなく、英語を日常生活で使うことによって英語の習得を目指します。年齢に合ったスキルや知識などもあわせて英語で学ぶことができます。
教師はネイティブであることが多く、英語圏の文化や行事、考え方などに触れる機会が得られることも人気です。

英語幼稚園

保育に英語を取り入れた認可保育施設のことです。
日常会話のすべてが英語の幼稚園と、週に数時間だけ英語を教える幼稚園があります。
すべてが英語の幼稚園は、プリスクールとほぼ同じと考えていいでしょう。
週に数時間だけ英語の時間があるという幼稚園は、英語に触れる時間が短いため、それだけで英語が身につくことを期待するのはムリです。幼稚園に英会話スクールがオプションでついているという感覚で利用してください。

英会話スクール

スクールによって教師とカリキュラムの質に差があるので、よく見極める必要があります。
自分から発言することが苦手なお子さんもいるので、積極的に話しかけてくれる先生を選んでください。
できれば少人数制のクラスが望ましいですね。生徒数が多いと、子どもが発言する機会が減ってしまいます。生徒数が6人くらいまでなら、先生が一人ひとりに話しかけることが十分できるでしょう。
佐々木月子
佐々木月子の更新通知を受けよう!
確認中
佐々木月子
佐々木月子の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
佐々木月子
佐々木月子の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
佐々木月子
佐々木月子をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
佐々木月子
佐々木月子の更新通知が届きます!
フォロー中
佐々木月子
佐々木月子の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.