2016年5月19日 07:00|ウーマンエキサイト

いつかは社会へ出ていく子どもたち 「キャリア教育」 はいつから始めるべき?

森川ほしの
ライター
森川ほしの
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
今は小さな子どもたちも、いつかは大人になり、社会へ出て行かなくてはなりません。しかし、子どもを取り巻く環境は大きく変化し、社会的・職業的な自立のためには、必要な能力・態度を育てる「キャリア教育」が必要ではないか…という考えが広まっています。

目次

・キャリア教育とは?
・キャリア教育はなぜ必要?
・具体的な取り組み・活動は?


いつかは社会へ出ていく子どもたち 「キャリア教育」 はいつから始めるべき?

© kolinko_tanya - Fotolia.com


この「キャリア教育」とは、一体どういうものなのでしょうか?

■キャリア教育とは?

文部科学省・中央教育審議会答申において、キャリア教育は以下のように定義されています。

「一人一人の社会的・職業的自立に向け、必要な基盤となる能力や態度を育てることを通して、キャリア発達を促す教育」

この定義だけを見るとなにやら難しそうですが、子どもたちが将来社会に出て、しっかり働いて、自立してやっていけるように、子どものうちから「仕事をすること」「仕事に必要な能力」を学ばせようという取り組みが「キャリア教育」だと考えて良いでしょう。

■キャリア教育はなぜ必要?

家庭内には便利な製品がたくさんあり、地域のつながりも希薄になった現代社会において、子どもたちが「仕事」というものに触れる機会が減ってきました。また、情報化社会となり、組織や、そこで働く大人たちが起こす不祥事などの情報は、昔よりもずっと多く子どもたちの耳に入るようになっています。

こういった状況下では、子どもたちの仕事に対するあこがれが育ちにくく、働くことに対する意欲の低下が危惧されるということで、今「キャリア教育」が必要だと考えられるようになりました。
森川ほしの
森川ほしのの更新通知を受けよう!
確認中
森川ほしの
森川ほしのの更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
森川ほしの
森川ほしのの更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
森川ほしの
森川ほしのをフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
森川ほしの
森川ほしのの更新通知が届きます!
フォロー中
森川ほしの
森川ほしのの更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着子育てまとめ
もっと見る

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.