幼稚園の入園願書の書き方、園が見てる5つの基本ポイントとは?

2017年10月11日 12:00
 

土屋 菜々 ライター
土屋 菜々

お受験の必要な有名私立幼稚園ではなく、地域の私立幼稚園に通わせたいと考えるママやパパにとって、入園願書の受け取りから提出まで、幼稚園から発信される情報や周囲のママ友・パパ友から聞く情報を頼る他なかなかないのが現実です。

目次

・そもそも願書っていつから配布されるの?早く取りに行ったほうがいい?
・幼稚園の願書を書くときの大切な5つのポイント
幼稚園入園願書の書き方、園が見てる5つの基本ポイント!

(c)T.M.M - stock.adobe.com



でも、願書を書きながら「これって大丈夫?」と心配になっても、なかなかスッキリ解決できなくて困ってはいませんか?

今回は、幼稚園教諭免許を持ち、現役幼稚園生ママライターである私が、願書の書き方についてポイントをご紹介します。

そもそも願書っていつから配布されるの?早く取りに行ったほうがいい?

私立幼稚園の願書配布は、各都道府県の私立幼稚園連合会によって決められており、東京では、例年10月15日が願書配布日として指定されています。また、幼稚園が願書を受け付けられる日も決まっていて、東京では11月1日からとなっています。

この決まりは、「この日から配布・受け付けをしていいよ」という日なので、園によって日程が別途定められている可能性もあります。事前に配布日や時間を幼稚園に問い合わせておき、しっかり受け取れるようにしておきましょう。

幼稚園の願書を書くときの大切な5つのポイント

願書を書くときには、以下の5つのポイントを押さえて書くようにしましょう。

■ポイント1:丁寧に書く


当たり前のことではありますが、丁寧に読みやすい字で書くことが大切です。特に、子どもの名前、住所、電話番号は枠内に大きめに書くようにしましょう。

■ポイント2:電話番号は連絡のつくものを!


願書に記載する電話番号は、連絡の取りやすい番号を載せるのがポイントです。自宅と携帯電話の番号をどちらも記載できる場合には両方書きます。

また、携帯電話の番号には最後に(母)または(父)と誰につながるのかを書いておくと親切です。




新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.