2018年2月2日 18:00|ウーマンエキサイト

子どもに一方通行のコミュニケーションはNG、登校時にかけたい一言とは?

新宿の母
ライター (占い師)
新宿の母
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
子どもが登校するとき、どんな声をかけていますか?

いちばん子どもにとって嬉しいのは「いってらっしゃい!」とお母さんが笑顔で送り出してくれること。

なるべく、よけいな言葉はつけ足さないほうがいいんじゃないかしらね。

子どもに一方通行のコミュニケーションはNG、登校時にかけたい一言とは?

© milatas - stock.adobe.com



小学生にもなると行動範囲が広がり、親の目も行き届きにくくなってきます。つい心配で「忘れ物ない?」「寄り道しちゃダメよ!」など、あれこれ口うるさく言ってしまうこともあるのでは?

もちろん、それ自体は悪いことではありません。子どもを思えばこそ出てくる言葉なんですからね。

ただ、コミニュケーションのやりかたとしては、うまくないんじゃないかしら?

おおかたの子どもは親が何を言ったところで「うるさいな」「わかってるよ」という反応。それどころか、無言で出ていく子もいるでしょう。

親がよかれと思って口にした言葉で子どもが不機嫌になり、そんな子どもの態度を見て親のほうもイライラする…。こんなコミュニケーションを毎朝くり返すのは、もったいないと思うのよ。

それより、持っていくべき物は自分で確認させ、失敗を通して成長させるほうが、よっぽどいいんじゃないかしら?

結局、親がアレコレ言ったところで、子どもにとってはうるさいだけ。よけいなお世話なんですね。
新宿の母
新宿の母の更新通知を受けよう!
確認中
新宿の母
新宿の母の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
新宿の母
新宿の母の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
新宿の母
新宿の母をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
新宿の母
新宿の母の更新通知が届きます!
フォロー中
新宿の母
新宿の母の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.