2019年1月3日 14:00|ウーマンエキサイト

祖父に見ていてと頼んだはずの息子が…! 帰省中にゾッとした出来事【産後太りこじらせ母日記 第18話】


そして次男を見ていた父はというと、次男を外に待たせてトイレに行っていました。

祖父に見ていてと頼んだはずの息子が…! 帰省中にゾッとした出来事【産後太りこじらせ母日記 第18話】

この時、次男はまだ2歳。

言葉の意思疎通ができてきたとはいえ、ひとりで待つなんてできるわけがないです!

父になんで置いていったのか聞くと「少しくらい待てると思った」そうです。

待てるわけないでしょ? と激怒してしまいましたが、普段育児をしていない、育児に不慣れな人はこういう感覚の人もいるんだと思いました。

私も父が見てくれているから大丈夫だと完全に気が緩んでいたので反省です…。

■子どもをお願いするときは…

自分の子を守れるのは自分しかいないとあらためて考えさせられる経験でした。世の中良い人だけではないですもんね。こういう経験は稀だったと思います。

家族や親戚を信用していないというわけではないのですが、ふだん育児をしていない人に子どもを見ててもらうときは、本当に念を押すくらい子どもから目を離さないようにと言うべきですね。

みなさま、良いお正月になりますように!

なーみん
なーみんの更新通知を受けよう!
確認中
なーみん
なーみんの更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
なーみん
なーみんの更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
なーみん
なーみんをフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
なーみん
なーみんの更新通知が届きます!
フォロー中
なーみん
なーみんの更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着子育てまとめ
もっと見る

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.