コミックエッセイ:子育ては毎日がたからもの☆

耳鼻科「もう絶対行かない!」の娘を変えたカッコいい存在とは【子育ては毎日がたからもの☆ 第40話】



■弟の姿に触発され、耳鼻科リベンジ!

「お鼻のやつは怖いけど、弟も泣かずにできたんだから、私もやってみる!」

と、いうわけで…いざ耳鼻科リベンジ!
子育ては毎日がたからもの/ぺぷり
看護師さんにコインをもらって、颯爽(さっそう)とガチャガチャをしに走る娘。

大人が言葉でどれだけ「怖くないよ」「痛くないよ」と言っても効果はなく、
『自分と同じくらいか、もっと小さい子でもできている』
というのが娘にとって一番説得力があったようでした。

また、「病は気から」と昔からよく聞きますが、同じ痛みでも「すごい痛い」と思えばそう感じるし、「あんまり痛くない」と思えば本当に痛くなくなる…ということもあるんだろうと思います。

注射でも同じですよね。

実際の痛みはちょっとつねられた程度でも、「皮膚に針を刺して、そこから薬を注入する」って考えると、恐怖心によってたちまちすごく痛く感じるから不思議。

前回は一緒に鼻掃除で泣いていた息子が泣かなくなったことで、「あ、これは大丈夫なやつだ。だって自分より小さな息子だってできているんだから」という気持ちが娘を強くしたようです。

これで心置きなく耳鼻科に行けるようになり、ほっと一安心です。

新着子育てまとめ
もっと見る

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.