長男の赤ちゃん返りに対応できずにいたら…ある出来事に大ショック【カエル母さんと3人のこども 第2話】

ユウコトリトリ
ライター (コミックライター)
ユウコトリトリ
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。

■我慢して…我慢して…長男のとった行動にショックを受ける

ある日のこと、次男のお昼寝中に長男が大きな音が出るおもちゃで遊び始めました。
「おかあさん、見てて見てて! これねぇ〜」
と、これまた元気な声で構ってアピールをしてきます。

ところが、私は「やっと寝たのに…」という気持ちから、「静かに遊んでよ!」と、つい強い口調で注意してしまったのです。

私に注意された長男は、おもちゃで遊ぶのをやめて、隣の部屋に行ってしまいました。

長男の赤ちゃん返りに対応できずにいたら…ある出来事に大ショック【カエル母さんと3人のこども 第2話】
長男の赤ちゃん返りに対応できずにいたら…ある出来事に大ショック【カエル母さんと3人のこども 第2話】
長男の赤ちゃん返りに対応できずにいたら…ある出来事に大ショック【カエル母さんと3人のこども 第2話】
クッションに顔を埋めて、泣いている長男の姿が。
大きな声で泣いたら、また私に叱られると思ったのでしょう。

ショックでした。頭をガーンと殴られたような衝撃でした。
そこまで私が追い詰めてしまったのだと。

長男の赤ちゃん返りに対応できずにいたら…ある出来事に大ショック【カエル母さんと3人のこども 第2話】
この一件があってから、次男を泣いて待たせながらも長男を極力優先するようにしました。

すると長男から、「赤ちゃん泣いてるよ。お母さんって泣いてる」。こんな風に、次男を気遣う言葉も出るようになりました。

下の子が生まれると、悩ましい上の子の「赤ちゃん返り」。
「お母さんに自分を見てほしい、構ってほしい」そんな思いから無茶な要求、とんでもない行動に随分悩まされました。
ユウコトリトリ
ユウコトリトリの更新通知を受けよう!
確認中
ユウコトリトリ
ユウコトリトリの更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
ユウコトリトリ
ユウコトリトリの更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
ユウコトリトリ
ユウコトリトリをフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
ユウコトリトリ
ユウコトリトリの更新通知が届きます!
フォロー中
ユウコトリトリ
ユウコトリトリの更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.