2019年5月24日 07:00|ウーマンエキサイト

【私、子ども欲しいかもしれない。 第2話 】子どもを持つかどうか

犬山紙子
ライター (コラムニスト)
犬山紙子
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
【私、子ども欲しいかもしれない。 第2話 】子どもを持つかどうか
「子ども欲しいけど、実際どうなの?」人気コラムニスト犬山紙子が育児体験者の話を聞いて考える「出産・育児」のリアル。
保活、育児分担、二人目問題…母親の本音炸裂! 『私、子ども欲しいかもしれない。』より(全19話 連載)

【私、子ども欲しいかもしれない。 第2話 】子どもを持つかどうか

© naka - stock.adobe.com


犬山紙子、 34歳。2014年8月32歳の時に同世代の夫・つるちゃんと結婚した。それからずーーーっと悩んでいることがある。

いまは、非常に楽しい。私は小学生の頃から、「一生働きたいな。私が働いて、旦那さんが家事をやってくれるのがいいな」と夢見ていて、ラッキーなことにつるちゃんは、家事をするのを楽しいと、なんでもやってくれている。

うん。この生活には心の底から満足しているんです。でもずっと、「子どもを持つかどうか」ってことをめちゃくちゃ悩んでいる。周りから「子どもはどうするの」なんて言われることも増えてきて、焦りもある。

でも、自分の本当の気持ちが分からない。だって私、「うおーーー子どもが欲しい 」って思った瞬間が……、一度もないんです。

いままでの人生、「漫画読みたい」「彼氏が欲しい」「美味しいご飯が食べたい」「お金が欲しい」「ちやほやされたい」みたいな欲求があって、そのために行動してきた。

もともとニートだった私が、4年前、ブログをきっかけに『負け美女』という本を出すことになって、ありがたいことに執筆のお仕事も増えて、いまではテレビのコメンテーターもやらせてもらっている。なんとかいままで、自分のことは、辛くて逃げ出したいこともあるけど、とにかく必死に向かい合ってきました。

【私、子ども欲しいかもしれない。 第2話 】子どもを持つかどうか

© sora_nus - stock.adobe.com


けど、子どもに関してはそういう感じじゃない。

「あれ? 年も年だし産むのならもう産んだほうがいいんじゃないの?」
「いま、仕事もプライベートもめっちゃ楽しいから変わりたくない、いまのままでいたい」
「でも、健康で仕事が充実してるいまが楽しいのは当たり前で、人生ずっとこのままという保障はない」
「フリーだから、産休で仕事を休むとダイレクトに収入がなくなりそう、不安」
「友達からは保育園に入れるのもすごく大変って言われる……」
「でも、将来子ども産んどきゃ良かったって後悔するのも怖い」
「でもでも、子ども産んだら自分の時間、なくなるんでしょ?」
「でもでもでも、自分が将来、病気になっても、子どもがいてくれたらどれだけ心強いだろう」
「でもでもでもでも、子どもが面倒見てくれるって考え方って、どうなの?」
犬山紙子
犬山紙子の更新通知を受けよう!
確認中
犬山紙子
犬山紙子の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
犬山紙子
犬山紙子の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
犬山紙子
犬山紙子をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
犬山紙子
犬山紙子の更新通知が届きます!
フォロー中
犬山紙子
犬山紙子の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.