2019年9月21日 07:00|ウーマンエキサイト

幼児に英語教育はおすすめ? メリットとデメリットを把握しておこう

幼い子どもへの英語教育には、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。それぞれ詳しい内容をチェックして、子どもが自然と英語に親しめる環境作りのヒントにしましょう。英語を上手に学べる具体的な方法も紹介します!

幼児に英語教育をするメリット

目次

・幼児に英語教育をするメリット
・反対にデメリットもある?
・上手に学んでもらう方法は?
・子どもの成長に合わせた教育を
幼児に英語教育はおすすめ? メリットとデメリットを把握しておこう

幼児向けの習い事の中でも、近年特に人気を集めているのが『英語』です。しかし、幼児に英語を学ばせる理由について、明快な答えを持っている人はそう多くありません。

まずは、幼児に英語教育をするメリットから詳しく確認していきましょう!

発音が上手にできるようになる


『臨界期』という言葉を聞いたことはありますか?これは『人間の脳において、ある特定の能力を習得できる限界のタイミング』のことで、言語分野においては7歳ごろがこの臨界期にあたるといわれています。

つまり、『臨界期仮説』によれば、人がある言葉を習得するには7歳までにその言語に触れ、耳を慣らす必要があるということです。

多くの日本人は、英語の『L』と『R』の音を聞き分けられないといわれています。しかし、臨界期を迎えるまでに英語に親しんだ子どもは、この『L』と『R』の聞き分けもごく自然に行えるのです。

コミュニケーションとしての英語を身に付けてほしいと願うのであれば、臨界期前の幼児の時期から英語に触れさせることが重要といえるでしょう。

幼児期はスムーズに学びやすいタイミング


『スムーズに学べる』というのも、幼児に英語教育をするメリットの1つです。

幼児期の子どもには、学ぶことに対して「イヤなこと」「つまらないこと」という固定概念がありません。新しいことを吸収するのが大好きで、何でも積極的に取り組んでくれるでしょう。

全く同じことを学ぶとしても、ワクワクした気持ちで取り組むのと、イヤイヤ取り組むのとではその成果は大きく変わります。

どんなことにも前向きに取り組める幼児期は、英語教育を始めるタイミングといえるでしょう。

多様性を身に付けることにもなる


英語を学ぶメリットには、『多様性が身に付く』というものもあります。

人が外国語を学ぶとき、学んでいるのは『言葉』だけではありません。自覚のあるなしにかかわらず、その言葉のバックグラウンドである文化や歴史・概念についても同時に学んでいるものです。

世界の人口およそ70億人の内、1/4にあたる17.5億人が話す英語は、世界で1番話されている言葉として知られています。

そんな英語を幼児期から身に付けることは、多様性を受け入れ、グローバルな視野を持つ人物になるための大切なステップといえるでしょう。

反対にデメリットもある?

幼児に英語教育はおすすめ? メリットとデメリットを把握しておこう

幼児期からの英語教育については、いくつかデメリットも指摘されています。客観的な視点で是非を判断するためにも、その詳しい内容をしっかりと確認しておきましょう!

英語と日本語が混ざってしまうことも


幼児期からの英語教育のデメリットに、『英語と日本語が混ざってしまう』というものがあります。

これは、母国語である日本語がまだおぼつかない段階で英語学習をスタートすることにより、日本語能力の発達に悪影響を及ぼしてしまうという考え方によるものです。

この度合いが深刻な場合、日本語と英語どちらもが中途半端な習熟度になってしまいます。

新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.