2019年9月25日 13:00|ウーマンエキサイト

B型ベビーカーはどう選ぶ?おすすめ人気ベビーカーから基本知識まで

生後7カ月前後の赤ちゃんとのお出かけに『B型ベビーカー』がおすすめです。新生児用のベビーカーよりも軽量コンパクトで、外出が楽になりますよ。『B型ベビーカー』の特徴やバギーとの違い、選び方やお手入れ方法についてチェックしていきましょう。

B型ベビーカーはいつから使える?

目次

・B型ベビーカーはいつから使える?
・B型ベビーカーは必要?メリットとは
・後悔しない選び方をしよう
・おすすめのB型ベビーカーはどれ?
・清潔に保つためのお手入れ方法
・こだわったベビーカーで快適な外出を
B型ベビーカーはどう選ぶ?おすすめ人気ベビーカーから基本知識まで

赤ちゃん用品をそろえようと思うと、ベビーグッズの種類の多さに驚く人も多いのではないでしょうか?ベビーカーもまたその1つです。

一口に『ベビーカー』といっても、さまざまな種類があります。B型ベビーカーの特徴を整理してみましょう。

平均すれば7カ月前後から


さまざまな種類のある『ベビーカー』ですが、月齢によって使用できるベビーカーの型やタイプが分けられています。

『B型ベビーカー』の適用年齢は、生後7カ月前後の赤ちゃんからが対象になります。

生後7カ月前後の赤ちゃんの特徴は、首が据わったり、おすわりができるようになったりしているという点が挙げられます。

生後半年以上たったとしてもまだまだ弱々しい赤ちゃんですが、それでも生まれた直後よりは体つきがしっかりしているため、赤ちゃんの成長に合わせてベビーカーも使い分けていきましょう。

A型ベビーカーとの違い


ベビーカーは、よく『A型』『B型』というように分けて使われます。

当然のように使われる言葉ですが、よく分かっていないママやパパも多いのではないでしょうか?

『B型ベビーカー』には、以下のようなポイントがあります。

  • 軽量
  • 収納に幅を取らない
B型ベビーカーは、生後7カ月前後の赤ちゃんが対象となっており、その時期の赤ちゃんは首が据わり、おすわりができるようになっています。

そのため、生後1カ月から使える『A型ベビーカー』のように、ベビーカーそのものがとにかく頑丈である必要がありません。

赤ちゃんの成長に合わせて、『B型ベビーカー』は作りが『軽くて、コンパクト』になることが大きな特徴です。

バギーとの違い


『B型ベビーカー』を検討する上で、『バギー』の名前を聞いた人も多いのではないでしょうか?この2つの違いについて、詳しくチェックしてみましょう。

まず、『B型ベビーカー』には『リクライニング機能』が付いていることがポイントです。A型ベビーカーほどではありませんが、リクライニング機能があることで赤ちゃんの体勢に合わせて背もたれを調整できます。

続いて、『バギー』ですが、B型ベビーカーには付いている『リクライニング機能』が付いていません。

生後7カ月以降の赤ちゃんが使える点はB型ベビーカーと同じですが、リクライニング機能を使わずとも、赤ちゃん自身がベビーカーの中で快適に過ごせるかどうかがポイントといえるでしょう。

素材の合う・合わないや乗り心地は、実際に赤ちゃんを乗せてみないと分かりづらいため、買い直しを防ぐためにも店頭で試す方がよいでしょう。

B型ベビーカーは必要?メリットとは

B型ベビーカーはどう選ぶ?おすすめ人気ベビーカーから基本知識まで

出産・育児には何かとお金がかかるため、できるだけ節約を心がけたいものですが、必要な出費は惜しまないようにしたいですよね。『B型ベビーカー』は赤ちゃんにとって必要な物なのでしょうか?メリットやポイントを整理しましょう。

軽量コンパクトで扱いが楽



新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.