コミックエッセイ:モチコの親バカ&ツッコミ育児

「育児つらい」を乗り越えて、私が学んだ3つのこと | 私、育児ノイローゼかも(3)【モチコの親バカ&ツッコミ育児 第119話】

モチコの親バカ&ツッコミ育児

モチコの親バカ&ツッコミ育児

フォロワー約18万人の人気インスタグラマー・モチコさんの書き下ろしコミックエッセイ。ひょうきんな長女イチコちゃん(2014.3生)と、長男・二太郎くん(2017.2生)の言動にツッコミながら過ごす「…

前回のあらすじ
ノイローゼのようなしんどい状態になっても「育児がつらい」と周りに言い出せないモチコさん。唯一、伝えられた夫は協力的だったのですが、そんな夫の優しさにすら追い詰められていき…。
「夫の想いすら重圧。母親失格におびえる日々… | 私、育児ノイローゼかも(2)」

https://woman.excite.co.jp/article/child/rid_E1579597455273/



※今まさに育児がつらい渦中の方へ。読んでる最中に不安が増したりつらくなったりしたら、無理せず読むのはやめてくださいね。



■「育児がつらい」毎日を乗り切るために

大人と会っておしゃべりをする時間がほぼなくなり、娘と2人きりで過ごす毎日を過ごすうちに、育児がつらくなってしまった私。


「育児つらい」を乗り越えて、私が学んだ3つのこと | 私、育児ノイローゼかも(3)【モチコの親バカ&ツッコミ育児 第119話】

子ども好きだった私が、子どもとずーっと2人の生活が、本当にしんどい。

その後、公園に行っても児童館に行っても、同じくらいの年齢の子を連れた親子には出会うことはできず、ママ友はできないままでした。

でも大人と話したくて、私ができる範囲でした対策は…

「育児ノイローゼかも」私の行った対処法

相手の負担にならない範囲で、大人と会う予定を入れました!
それでも鬱々とした気持ちは晴れず…でもなんとか毎日しのいで過ごしていました。

そして新しいママ友はなかなかできないまま、約半年が経ち…。

その頃からイチコのプレ保育(親子で参加)が月一で始まったり、自治体の親子学級のようなものに参加したりして、少しずつ人と会う予定が増えていき、週2~3日ほどの頻度になりました。

さらに二太郎を妊娠したことで、よく実家のお世話になるようになり、実家の家族と会うことが激増!

そうなると、ノイローゼのような鬱々とした気持ちは少し軽くなりました。
ただ軽くはなったもののなくなることはなく、やっぱりしんどさを感じながら過ごしていました。

これがまったくなくなったのは…


新着子育てまとめ
もっと見る

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.