2020年8月28日 15:00|ウーマンエキサイト

軽い鬱症状と言われた息子…私も1人じゃもう無理!【長男の川崎病と職場の板挟みで大変だった話 Vol.15】

■前回のあらすじ
深夜になっても寝ない長男。先生に診断してもらうと、軽い鬱症状が出ていると言われました。


軽いとはいえ鬱の症状だと言われた長男…
軽い鬱症状と言われた息子…私も1人じゃもう無理!【長男の川崎病と職場の板挟みで大変だった話 Vol.15】

病室からほとんど出られない上にたびたびある検査の日々でストレスもたまっていたのだと思います。

そこへ点滴がとれて、やっと家に帰れると思ったらまだ帰れない…このままずっと帰れないのかも…と長男なりに悩んでいたのだろうと思います。

そして思い当たる事がもう一つ…

軽い鬱症状と言われた息子…私も1人じゃもう無理!【長男の川崎病と職場の板挟みで大変だった話 Vol.15】

おばあちゃんと遊んで楽しそうにしていても、ふとした瞬間にママを思い出して「ママなんでいないの?」「ママ遅いなぁ…、早く会いたいのに…」などと涙ぐみながら呟いていたそうなのです。

私がずっとそばにいてあげられない事も原因の一つだったのかなと思います。

軽い鬱症状と言われた息子…私も1人じゃもう無理!【長男の川崎病と職場の板挟みで大変だった話 Vol.15】

次男もまだ1歳で甘えたいざかり…、よく我慢してくれていたと思います。

私は手際が良い方ではないのでササッと家事を終わらせる事もなかなかできず…早く長男の元に行きたいのに気持ちばかり焦って空回りしていました。

仕事も検査がある日は半日休みをもらって一緒にいたりしていましたが、毎日は休めず…

軽い鬱症状と言われた息子…私も1人じゃもう無理!【長男の川崎病と職場の板挟みで大変だった話 Vol.15】
軽い鬱症状と言われた息子…私も1人じゃもう無理!【長男の川崎病と職場の板挟みで大変だった話 Vol.15】

こういう時は1人でなんでもやろうとしないで家族みんなで力を合わせないとだめですね。

今まで次男の寝かしつけをした事がなかった旦那ですが、これを機会に「きょうパパとねるぅ~」と次男が時々言うようになりました。

軽い鬱症状と言われた息子…私も1人じゃもう無理!【長男の川崎病と職場の板挟みで大変だった話 Vol.15】

旦那の協力でいつもより早めに病院に行けるようになりました。

そして長男も再び夜眠れるようになってきました。

軽い鬱症状と言われた息子…私も1人じゃもう無理!【長男の川崎病と職場の板挟みで大変だった話 Vol.15】

そんな長男の気持ちを変える新たな出会いがありました。

次回に続く


※この体験記に記載された症状や治療法は、あくまでも筆者の体験談であり、症状を説明したり治療を保証したりするものではありません。必ず診療機関にご相談ください。

読者アンケートにご協力ください (全3問)

Q.1 お子さんやご家族の病気に関するエピソードがありましたら、ぜひお聞かせください (最大1000文字)

Q.2 Q1で記入いただいた内容を、乗り越えたエピソードがあれば教えてください。 (最大1000文字)

Q.3 この記事への感想をぜひお聞かせください。 (必須) (最大1000文字)

ご応募いただいたエピソードは、漫画や記事化されウーマンエキサイトで掲載さる場合があります。この場合、人物設定や物語の詳細など脚色することがございますのであらかじめご了承ください。
 
Arare
Arareの更新通知を受けよう!
確認中
Arare
Arareの更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
Arare
Arareの更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
Arare
Arareをフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
Arare
Arareの更新通知が届きます!
フォロー中
Arare
Arareの更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着子育てまとめ
もっと見る

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.