コミックエッセイ:長男の川崎病と職場の板挟みで大変だった話

子どもが川崎病に! 病院と職場の板挟み生活が始まった…!【長男の川崎病と職場の板挟みで大変だった話 Vol.1】

Arareさんの息子さんが、川崎病になったときのお話をご紹介します。

長男が3歳のとき、川崎病になりました。(現在は回復し、問題なく元気に過ごしています!)

入院した病院は24時間付き添いが必要だったのですが、まさか職場と病院との板挟みがこんなに大変だとは思っていませんでした…。

そのときのことをご紹介していきます。

■突然の発熱に嫌な予感…

突然40度以上の熱が出た長男。2日たっても熱が下がらず、この日は仕事を早めに抜けさせてもらい、かかりつけの小児科で診てもらうことに…。

子どもが川崎病に! 病院と職場の板挟み生活が始まった…!【長男の川崎病と職場の板挟みで大変だった話 Vol.1】

先生の顔は険しく川崎病かもしれないと紹介状をもらい大きな病院に行くと、そのまま入院することになりました。

この時点では、まだ川崎病と確定していなかったのですが、長期の入院になるかもしれない事と、保護者の付き添いが24時間必要と言われたため、職場の園長先生に休みをお願いしようと電話をしました。


子どもが川崎病に! 病院と職場の板挟み生活が始まった…!【長男の川崎病と職場の板挟みで大変だった話 Vol.1】

申し訳ない気持ちもあったのでドキドキしながら電話…

子どもが川崎病に! 病院と職場の板挟み生活が始まった…!【長男の川崎病と職場の板挟みで大変だった話 Vol.1】

初めはいいよー!大変だったね!と救われるお言葉を頂いたのですが…


新着子育てまとめ
もっと見る

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.