子育て情報『ぷすーん、えべれーた…。こうやって残そう、我が子のカワイイひとこと。』

2018年1月28日 12:29

ぷすーん、えべれーた…。こうやって残そう、我が子のカワイイひとこと。

目次

・まずは記録しておきましょう
・とっておきのひとことは、見える場所に!
aomidori0I9A8537_TP_V4


子どものかわいいひとこと、残していますか?
「ぷすーん」(スプーン)、「えべれーた」(エレベーター)、「てべり」(テレビ)、こんなかわいい間違いをしていませんか?
え?そんな発想するの?と言いたくなるようなことや、とんでもなくかわいい言い間違いや勘違い。よくよく聞いていたら、いろいろありますよね。

まずは記録しておきましょう

言葉を覚えたての2歳3歳の頃ばかりではありません。
最近の我が家の小5、小3の娘の会話でも…。

妹(姉の顔を見て)「かお、こばすけついてんで。」
姉(いかにも何まちがえてんの?という顔をして)「こばかすやし!」
母(すかさずつっこみ)「そばかすやろ!!!」

こんな会話も、メモとして書き留めているからこそ、こうやって思い出しては、子どもたちと何度も笑いのネタになっています。
でも、書き留めておかないと、これがまたすぐに忘れてしまうんです。私も、残しておこうと思いながらも、「こんなにおもしろいかわいいひとこと忘れないでしょ、後で」と思っていたら、絶対後では思い出せないんです。
子どもの成長過程のその一瞬、何万分の1秒をとらえた写真にも匹敵するそのひとこと、発したその時にメモしておきましょう。
時間がない時には、スマホの音声メモでとりあえず。
子どもが寝静まった後に、専用ノート(私はネタ帳と呼んでいます)にメモ!

DSC_2190


わかりやすくするため、へたくそなイラストを添えてみたり、時には、「育児冊子」なんかに投稿して掲載された実績を貼り付けたり(ちょこちょこ投稿しては、1000円図書カード、などと小遣い稼ぎをしている私…)。

とっておきのひとことは、見える場所に!

我が家では、私のお気に入りを、目に付く場所に掲示しています。
例えば、こちらは我が家のトイレ。
DSC_2130


上には3歳児画伯の額縁入りしょくぱんまんと、棚には家族旅行でひろってきた貝殻などの思い出の品、そして、下の写真が私のお気に入りのひとこと。

Toriyama3

4歳(らっきょうを見て)「これ、なまえなんていうの?」
母「らっきょう」
4歳「じゃあ、みよじ(苗字)は?」
苗字と名前を覚えたばかりで、お友達の名前を出しては、「〇〇ちゃんのみよじは△△で…」、と話していた頃でした。

Toriyama2


3歳(空を見ながら)「みて~、おそらきれい!かみなりさんが、かかはった(書いた)んかな?」
子どもって本当にファンタジーの世界の中で生きてるんだなぁ、と感動したひとことでした。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.