子育て情報『調味料の賞味期限・消費期限とは?正しい管理方法は?』

2018年6月12日 12:29

調味料の賞味期限・消費期限とは?正しい管理方法は?

ジメジメした暑さのこの時期、食品にカビが生えてしまったり、いつもより早く傷んでしまいがちですよね。食品の賞味期限・消費期限がいつも以上に気になる季節ではないでしょうか。今回はみなさんの家に常備している調味料の賞味期限・消費期限についてまとめました。
併せて、食品メーカーの担当者に聞いた正しい管理方法もご紹介します。

目次

・賞味期限と消費期限
・調味料の賞味期限と正しい管理方法とは
・これも食育のうちですね


IMG_0576


賞味期限と消費期限

賞味期限と消費期限、似たような言葉ですが、これらは分けて使われています。

消費期限:「安全に食べられる期限」を指します。傷みやすい食品に表示され、約5日以内です。この期限を過ぎたら食べないようにしてください。

賞味期限:「品質が変わらずにおいしく食べられる期限」を指します。傷みにくい食品に表示されています。この期限を過ぎてもすぐに食べられなくなるわけではありません。

どちらにも共通するのは、袋や容器を開けないまま、正しい保存方法を守っていた場合の期限です。

調味料の賞味期限と正しい管理方法とは

保育園の給食室を管理している筆者は、園児の健康を守るために各メーカーのお客様相談室に問い合わせました。メーカーにより多少違いはあるかもしれません。
メーカーが推奨している、消費までの目安の期間・保存方法についてまとめますので参考にしてください。

IMG_0578


しょうゆ:開栓後は要冷蔵。目安は1ヵ月だそうです。その後は香りや風味が変化してくるとのことで、家庭用ではお徳用のしょうゆを使い切るのは難しいかもしれませんね。しょうゆを冷蔵庫に寝かせてしまうと液漏れで大変なことになりがちなので、我が家ではポケットに立てておけるスリムボトルのしょうゆを使用しています。

味噌:こちらは開封していてもしていなくても、本来は購入後すぐに冷蔵庫に入れるのが望ましいそうです。製造後半年を賞味期限と定めていますが、1年たっても2年たっても腐らないそうです。しかし、時間・温度で色がどんどん濃くなり、最終的にはチョコレート色まで濃くなるそう。やはり、色が濃すぎず風味がいいうちに消費したいですね。

酢:直射日光が当たらないところで、3ヵ月以内の消費を目安としているそうです。ただし、暑い時期は酢の中にいる酢酸菌の影響があるので冷蔵保存がオススメだそうです。

ケチャップ:開封後、冷蔵保存で1ヵ月以内がおいしく食べられる期間。ナポリタンやハンバーグソースに使ったり、出番は多いですがなかなか大量消費はしない調味料ではないでしょうか。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.