子育て情報『パパは専業主夫歴8年、3つの悩みと越えられない壁とは』

2019年5月30日 11:50

パパは専業主夫歴8年、3つの悩みと越えられない壁とは

みなさんには「パパ友」がいますか?
私は夫の転勤で東京から福岡に引っ越してきた4年前に、息子の新しい幼稚園でパパ友ができました。
今や2歳と9歳の娘がいて、家事や育児もバッチリこなすスーパー専業主夫。
今回はそんなパパ友Aさんに専業主夫で困ったこと、そしてやりがいや楽しさなどリアルな思いを聞いてみました。
・家事と育児が押し寄せてくる!こんなに大変だったとは…
・休みや評価がないという悩みも
・やりがいと息抜き法は?
・そんなAさんの超えられない壁とは…!

パパは専業主夫歴8年、3つの悩みと越えられない壁とは


家事と育児が押し寄せてくる!こんなに大変だったとは…

Aさんは上の娘が2歳のときに仕事上で岐路に立たされ、夫婦で話し合った結果、専業主夫となることを決めました。それまでは共働きで、奥さんと家事は折半。
仕事のストレスから解放され、専業主夫生活を楽しもうと思ったのもつかの間、家事や育児がどっと押し寄せてきて、自分が抱くイメージとはまったく違っていたとのことです。
それと同時に家庭内で女性が担う役割の大変さがよく分かり、すべての女性に対して今まで以上に敬意を抱くように。
まわりのママ友に対しても、「ママってすごいね」といつもねぎらってくれます。

休みや評価がないという悩みも

専業主夫歴8年目となるAさんの今の悩みトップ3を教えてもらいました。

・休みがない
主夫業は土日が休業…というわけではなく、子どもの世話や料理の準備など、休日はさらに忙しくなります。会社員の頃の自分はその大変さに気づけなかったとのこと。
・世間から評価されない
会社員は頑張りとともに、まわりから認められ、評価されます。しかし、主夫は頑張っても評価してもらえる場がなかなかないため、寂しさを感じることも。
・家族から「おいしい」のひと言がない
Aさんいわく、「おいしい=飲食料金」とのこと。レストランに行って、代金を支払わない人はいませんよね。「おいしい」のひと言はそれぐらい大切なのに、最近はそのひと言が家族から出てこなくなったとのことです。

やりがいと息抜き法は?

主夫業のやりがいを聞いてみると、「子どもをひとりの人間として育てあげること。親の声かけ、そして心がけで子どものやる気が育ったり、逆に削がれる、そんなことを経験しながら自分自身も学んでいく課程がやる気につながっている」とのこと。

そんなAさんの唯一の息抜きは、ママ友とのランチ会!同じ目線で情報交換ができるママたちとのランチやお茶は、大切なストレス発散の場だそうです。
逆にママたちにとって、とことん調べるエンジニアタイプのAさんに教わる「面倒な家事の簡素化」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.