子育て情報『3歳児がすすんで歯磨きしやすい大きな口を開ける!そのひと工夫とは』

2019年7月25日 17:30

3歳児がすすんで歯磨きしやすい大きな口を開ける!そのひと工夫とは

子どもの歯磨き。虫歯になった時のリスクを思うと、きちんと磨けているかとプレッシャーを感じます。しかも、なかなか口を開けないわが子に、手こずるたびに親もだんだんとイヤになってしまいます。毎日のことなのでなおさら…。

そんな日々を過ごしてきた娘は、現在3歳。今ではとても上手に口を開けるようになり、仕上げ磨きのストレスが激減しました。
ここまでのわが家の工夫と、一番効果があったと感じているものを紹介します。

目次

・最初はまず絵本から、歯磨きは口を開けるものと知る
・次は変化球、歯磨きを楽しいものに変えたい
・今、1番効果があるのは、リアル体験


3歳児がすすんで歯磨きしやすい大きな口を開ける!そのひと工夫とは

最初はまず絵本から、歯磨きは口を開けるものと知る

歯磨き育児の最初は、やはり絵本が手を出しやすいと思います。絵本なら子どもにもわかりやすく、歯磨きとは口を開けてするものだと理解しやすいはず。

赤ちゃんのうちは歯の本数も少なく、面積も小さいことからあっという間に歯磨きを終わらせることができました。しかし問題は奥歯まで生え、歯磨きに少し時間がかかるようになってから。きちんと口を開けてほしくなってからが歯磨き育児の苦労の始まりでした。

慣れない歯磨きに時間がかかってしまったり、イヤがる子ども相手に次第にイライラ。ついつい歯ブラシを握る手に力が入ってしまい、歯茎を傷つけてしまうことも。この経験から娘はすごく歯磨きを怖がるようになってしまったのです。

次は変化球、歯磨きを楽しいものに変えたい

娘にスムーズに口を開けさせるには、痛い思いをさせてしまったことを深く反省し、まずは歯磨きを楽しいものへと変化させる必要がありました。
そこで子どもの大好きな歌作戦。娘は歌が大好きで、数々の場面で歌を活用しています。効果は充分にあり、私の様子をマネて、ぬいぐるみ相手に歌いながら歯磨きをしてあげるほどに。
歌を歌うと親の方も楽しい表情になることも大きな効果があったような気がします。眉間にしわを寄せながらの歯磨きはやはり楽しいものではありません。

3歳児がすすんで歯磨きしやすい大きな口を開ける!そのひと工夫とは


次第に歌は替え歌に発展しました。登場人物に、私たち両親や祖父母を登場させたり、虫歯菌とたたかったりとバリエーションを豊かに。歌の内容に口を大きく開けるくだりを入れたりと物語に工夫しました。
とても気に入ったようで、今日は〇〇を歌いながらお父さんを登場させてと、リクエストがあることも。わが家はこれでマンネリ化も防げたと思っています。ストーリーを考えるのも大変でしたが、笑い声のあがる歯磨きタイムになりました。

今、1番効果があるのは、リアル体験

最後に現在1番効果があったことです。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.