子育て情報『ダンススクール人気上位のヒップホップ!上達が早い子の特性とは…?』

2019年8月21日 17:30

ダンススクール人気上位のヒップホップ!上達が早い子の特性とは…?

幼稚園や保育園のお迎えで一緒になったママやパパとよく話題になるのが子どもの習いごと。
スイミングスクール、ピアノ、英語教室、サッカー、体操など人気の習いごとがたくさんありますが、私のまわりではダンススクールが話題になっています。
特に、学校教育にも取り入れられているヒップホップが大人気!
今回は息子が通うヒップホップクラスのMIKA先生にお話を聞きながら、メリットやかかる費用を紹介します。

目次

・リズム感だけじゃない!心も身体も育てる
・何歳ぐらいから始めたらよいの?気になる費用は?
・ヒップホップの上達が早い子の特徴は?
・ヒップホップ経験者の私が感じたメリットとは


ダンススクール人気上位のヒップホップ!上達が早い子の特性とは…?


リズム感だけじゃない!心も身体も育てる

私たちがもつ「ヒップホップ=リズム感」というイメージ。でも、MIKA先生いわく、ヒップホップを習って身につくことはリズム感だけではないとのことです。

・ 基礎体力がつく
今の子どもたちは外で遊ぶことが少なくなり、外遊びでつく筋力が足りていません。ステップやトレーニングで楽しみながら、遊びの感覚で基礎体力をつけることができます。
・ 協調性が身につく
幼児期のダンスはチームで踊ることが多く、全員で1曲を踊りあげることがほとんど。同じ目標へ向かって進むことにより、子ども同士が支えあい、協調性が身につきます。
・ 表現力がアップする
音楽に合わせて、振りを覚え、自分の気持ちを身体で表現する。子どもたちの表現力は練習を重ねることにより、どんどん高まります。それと同時に消極的だった子どもにも変化が。表現の幅が広がることで自信がつき、ダンスはもちろん、今まで苦手と感じていたことにも積極的にチャレンジするようになります。

何歳ぐらいから始めたらよいの?気になる費用は?

スクールによってクラスの分け方もさまざまですが、始めるのにおすすめなのは幼稚園の年少からだそう。
先生に言われたことが理解できるようになり、ジャンプ力、バランス感覚、考える力など、ダンスの基本が作られ始めるとのこと。
そして、気になるレッスン料は週1回1時間のレッスン×4回で1か月5,000円~が一般的なようです。

ダンススクール人気上位のヒップホップ!上達が早い子の特性とは…?


バレエやチアなどと違って、ヒップホップの服装は自由、必要なのはダンスシューズぐらいです。
スタート時にかかる費用は低い反面、年に一度の発表会には出演料、チケット代、衣装代など3~5万円程度はかかります。

ヒップホップの上達が早い子の特徴は?

ヒップホップの上達が早いのはどんなタイプの子どもなのか、MIKA先生に聞いてみました。
その答えは「ものまねが上手な子」!
観察力がすぐれている、ものまねが上手な子どもは先生のステップをすぐに再現することができるそうです。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.