子育て情報『片づけだけじゃない!食事にトレイを使ったら意外なメリットいっぱい』

2019年11月22日 17:30

片づけだけじゃない!食事にトレイを使ったら意外なメリットいっぱい

目次

・1:子どもがお手伝いしやすい
・2:子どもに数多くの食材を食べさせられる
・3:片づけしやすい
片づけだけじゃない!食事にトレイを使ったら意外なメリットいっぱい


大皿料理や鍋料理など、みんなで分け合って食べる食事を除いては、ひとりずつトレイを使用しているわが家。
友人宅でコーヒーと茶菓子をトレイにのせて出してもらったのを見て、家の食事にも使えるのでは?と100円ショップで試しに購入したのが始まりです。
使い始めると、想像以上に便利だったトレイ。今回は、私が感じたトレイを使うメリットをお伝えします。

1:子どもがお手伝いしやすい

トレイを使うまでは、お茶椀もお皿も手に持てる分だけ持って、ダイニングテーブルに運んでいました。その際に子ども達もお手伝いはしてくれるのですが、長男と長女の2人がキッチンとダイニングテーブルを行き来するので、いつぶつかってこぼすかヒヤヒヤ。
しかしトレイを購入してからは、それぞれがトレイにすべて食器をのせてから運ぶので、自分の分だけを運ぶ往復1回のみ。食器をいくつものせているので、慎重に運ぶ必要はありますが、往復回数が減ったので、運ぶときに「気をつけて」と口うるさく言う必要はなくなりました。
子どもがスムーズにお手伝いできるようになったため、子どももラクなうえに、私も安心して任せられるようになりました。

2:子どもに数多くの食材を食べさせられる

夕飯作りで思うのは、子どもにはできるだけ数多くの食材を食べてほしいということ。それがトレイにお皿を配置するようになって叶うようになりました。
まず、作った食事をトレイにのせたときに品数が少ないと、私が「なにか物足りない」と思うように。トレイという四角い枠ができることで、食事を俯瞰して見るようになり、「並びのバランスが悪い」「彩りが足りない」と感じるようになったのだと思います。それからは、家にある食材で「あと1〜2品」を用意するようになりました。
子どもたちは、トレイにのっている食事は「自分が食べるべきものだ」と意識するようで、残さず食べるように。その結果、トレイを使わず、大皿から取り分けていたときよりも、いろいろな食材をきちんと食べられるようになっています。

たとえば、トレイにのっているのが4皿だと、少し寂しい印象なので…
片づけだけじゃない!食事にトレイを使ったら意外なメリットいっぱい

ササッとできる「ニンジンしりしり」と「お漬物」をプラス。ちょっと定食っぽくなったと思いませんか?
トレイにのっている食事は、それぞれがきちんと残さず食べました。
片づけだけじゃない!食事にトレイを使ったら意外なメリットいっぱい


3:片づけしやすい

食事の準備同様、トレイにのせたまま食器を運ぶことができるので、片づけもスムーズ。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.