子育て情報『年末年始に絶対楽しいボードゲーム3選!子どもに花をもたせるつもりが大人も必死!?』

2019年12月25日 17:30

年末年始に絶対楽しいボードゲーム3選!子どもに花をもたせるつもりが大人も必死!?

年末年始、特に出かける予定がないと、ついダラダラと過ごすことになりがち。
そんな時こそ、家族みんなで楽しめるボードゲームはいかがでしょう。今回は、マニアおすすめのボードゲームを紹介します。

ボードゲームの面白さを教えてくれたボードゲームカフェ

「ボードゲームカフェ」って知っていますか?その名の通り、ドリンクなどを楽しみながら、ボードゲームで遊べるカフェのこと。

目次

・ボードゲームの面白さを教えてくれたボードゲームカフェ
・漢字のおもしろさにも目覚めるかも「魚魚あわせ(ととあわせ)」
・記憶力では勝てないなら、瞬発力で競う「ドブル」
・木製のネコとネズミがかわいい!「ネコとネズミの大レース」
・わが家では定番ボードゲームの「ドンジャラ」

以前から興味があった私は、先日出かけてみました。

そこで、その主催者であり、ボードゲームマニアの岡山えりかさんに、きょうだい・家族で遊べ、幼児にもおすすめのボードゲームを紹介してもらいました。
岡山さんいわく、「小さいお子さんがいる家庭では、ボードゲームは、ルールが難しいからと一緒に遊べない印象があるかもしれません。でも、ひとつのゲームでも簡単な遊び方ができるものもあり、年齢に関係なく楽しめますよ」とのこと。

漢字のおもしろさにも目覚めるかも「魚魚あわせ(ととあわせ)」

年末年始に絶対楽しいボードゲーム3選!子どもに花をもたせるつもりが大人も必死!?


2枚1組で魚の絵、漢字が完成するようになっています。
最初は表に向けて広げて、1組の魚の絵を完成させる遊び方をして、どんな魚がいるかに慣れていきます。
次に裏返して 神経衰弱をします。神経衰弱のルールは小さい子ども理解できますが、最初から裏返してこのゲームを始めると、小さい子は飽きてしまいます。最初は表面をオープンにして、絵合わせをするのがいいそうです。

年末年始に絶対楽しいボードゲーム3選!子どもに花をもたせるつもりが大人も必死!?


大人は文字と絵で判断しますが、小さな子どもは基本的に絵だけで判断するようです。数回やると、大人の記憶力はもう子どもには勝てません。神経衰弱は大人の記憶力低下を強く感じてしまい、子どもと勝負にならないことも(笑)。
そういう場合は、かるたのように遊ぶこともできます。左右の絵の右側に各魚の説明が書かれているので、それを読み札にし、左側の札を場に広げて、大人(漢字の読める人)が右側の説明を読み、そのほかの人が札を取っていきます。

実はこれ、全国各地バージョンがあるのです。旅先でひとつずついろんな種類を買ってみるのもおもしろいかもしれません。1000円ちょっとで購入できるので、おみやげにもいいですね。という私も、旅先で購入して、眠っているのがわが家にありました(購入したきり一度も遊んだことはなく、すっかり忘れ去っていました)。
早速、小3息子、小5娘と遊んでみました。最初、漢字に苦手意識があるせいかやりたがらなかったのですが、やり始めるとそのおもしろさがわかってくるようで、続けて何度もやっていました。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.