子育て情報『給食のお悩み「好き嫌いが多い」「食べるのが遅い」元小1担任がアドバイス』

2020年6月7日 11:20

給食のお悩み「好き嫌いが多い」「食べるのが遅い」元小1担任がアドバイス

子どもたちの学校でのお楽しみといえば給食!
カレーや揚げパン、シチューにゼリー、毎日の献立を楽しみに学校に通う子どもたちは多いです。

目次

・お悩み1~好き嫌いが多いのですが、給食ちゃんと食べられますか?~
・お悩み2~牛乳が飲めないのですが、大丈夫ですか?~
・お悩み3~食べるのが遅いのですが、時間内に食べきれますか?~
・お悩み4~小食で少ししか食べません。食べられるようにするべき?~
・各家庭でやっておくといいことは


給食のお悩み「好き嫌いが多い」「食べるのが遅い」元小1担任がアドバイス


一方、保護者の方からの相談が多いのも給食。小学1年生の個人面談ではほとんどの方が話題にあげています。
学校ではどうしている?家でやっておくべきことは?
元小学校教諭の私が、今までに相談を受けた代表的な質問にお答えします。

お悩み1~好き嫌いが多いのですが、給食ちゃんと食べられますか?~

なんでも全部大好き!なんていう子はほぼいません。ほとんどの子どもが何かしら苦手な食材があるものです。
野菜全般が食べられない、果物が苦手、魚はムリ、肉は食べたくない…。
でも、意外と食わず嫌いなだけだったり、給食の調理法だったら食べられたなんていう子も多いです。
先生の考え方にもよりますが、「嫌いなものも規定量を食べさせる」ということはそうありません。
基本的には、まずひと口食べることから始めます。そして、ちょっとでも口にできたら、「わぁっ!食べられたね~」と声をかけます。
先生や友達にほめてもらえて、うれしくなってもっと食べてみよう!とチャレンジする子もいましたよ。

好き嫌いばかりだった子が、おかわりの列に並ぶように
「あれもこれも嫌い!給食があるから学校に行きたくない!」なんて言っていた子が、1年生の終わりにはおかわりの列に並ぶ常連さんになっていたことも。
給食は、毎日いろんなメニューで出されますので、毎日何にも食べられないということはありません。気長に見てあげてください。
意外とあるのが食べ方が分からなくて残してしまうパターン。特に柑橘類が多かったです。
4~8分の1にカットされたグレープフルーツなどが出されるのですが、1年生たちはこれに大苦戦。
柑橘類はいつもむいて出しているという家庭は、自分でむいて食べることにも挑戦させてみてくださいね。

お悩み2~牛乳が飲めないのですが、大丈夫ですか?~

好き嫌いの問題で、牛乳が飲めない子は、まずはひと口から始めました。
ストローで吸っていって、ちょっと口に入ったところで初日は終わり…なんていう子もいましたが、今日は2口、次の日はもう少し多く、そのうち半分…とやっているうちに1本飲めるようになりました。夏場はノドも乾き、冷たく冷やされた牛乳がおいしく感じるようで、残す子も少なくなります。
「あんまり好きじゃないから、先に飲んじゃう!」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.