子育て情報『直線縫いだけで簡単!給食用ランチョンマットの作り方』

2020年6月2日 11:20

直線縫いだけで簡単!給食用ランチョンマットの作り方

園や学校生活が本格的にスタートすると、楽しい昼食タイムも始まりますね。
そうなると必要になるのが「ランチョンマット」。
そこで今回は、「給食用ランチョンマット」の作り方を紹介します。サイズさえ調整すれば、園児でも使えますよ。
お裁縫は苦手!という人も、型紙なし、直線縫いだけで簡単に仕上がるので、ぜひトライしてみてくださいね。

目次

・初心者向け「裏地なしランチョンマット」の作り方
・中級者向け「裏地つきランチョンマット」の作り方


直線縫いだけで簡単!給食用ランチョンマットの作り方


初心者向け「裏地なしランチョンマット」の作り方

【ステップ1】
生地の方向を確認して(※注1)、裏にできあがりサイズのガイドラインを引いておきます。チャコペンか、なければ鉛筆でもOK!
今回は、わが家の娘が通う小学校の指定サイズ(縦30センチ×横40センチ)で作っていますが、それぞれの指定サイズに調整して作ってみてくださいね。
続いて、できあがりサイズの周囲に2センチずつ縫い代の線を引きます。
ここまでできたら縫い代の線にそって生地を裁ちます。縫い代を含んだサイズで縦34センチ×横44センチの布ができます。

直線縫いだけで簡単!給食用ランチョンマットの作り方


【ステップ2】
さっそく縫っていきたいところですが、その前に裁断した生地にアイロンをかけます。
アイロンをかけるかかけないかで、仕上がりのキレイさが変わってきますので、とても大事なポイントです。

直線縫いだけで簡単!給食用ランチョンマットの作り方


縫い代の端から0.7センチ幅のところで折り、アイロンをかけます。ここでしっかり折り目をつけてくださいね。
さらにそのまま1.3センチ幅のところで折り、アイロンをかけます。こちらもしっかり折り目をつけましょう。

直線縫いだけで簡単!給食用ランチョンマットの作り方


【ステップ3】

ここまでできたら、いよいよ縫っていきます。
折り曲げた縫い代の外側から1センチ幅(内側から0.3センチ幅)のところを縫います。
縫い代部分は、三つ折り(0.7センチ+1.3センチ)になっていますが、幅をズラすことによって厚みができず縫いやすいです。
角はできれば少し角度をつけて折ってから縫うとキレイになります(難しければそのままでもOK!)。

直線縫いだけで簡単!給食用ランチョンマットの作り方
直線縫いだけで簡単!給食用ランチョンマットの作り方


完成です!

直線縫いだけで簡単!給食用ランチョンマットの作り方

中級者向け「裏地つきランチョンマット」の作り方

ランチョンマットは、1枚で仕上げてもキレイですが、もう少し頑張りたい!という方のために裏地つきの作り方も紹介します。

【ステップ1】
今回は、裏地もつけるので「表地」と「裏地」の2枚を準備します。
洗って片面だけ縮んだりしないよう、同じ生地(もしくは似ている生地)を準備します。
先程の裏地なしと同じように、それぞれの生地の裏側に指定サイズの線を引きます。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.