子育て情報『お風呂大キライな娘!効果があった5つの作戦』

2020年6月18日 11:20

お風呂大キライな娘!効果があった5つの作戦

目次

・お風呂は体を洗うところじゃなく遊ぶ場所!
・大好きな絵本でお風呂の楽しさを
・先生の力を借りて自尊心をくすぐる
・「お風呂イヤ」と言われる前に先手を打つ
お風呂大キライな娘!効果があった5つの作戦


わが家の3人の子どものうち、真ん中の女の子は2歳~5歳ごろ、お風呂に入るのをとても嫌がりました。
気温が高い季節は、別にシャワーでもいいけれど、母としてはお風呂でゆっくりコミュニケーションをとる時間を持ちたい!
そこで、「なんとかお風呂タイムを楽しい時間に」と工夫をした私のチャレンジの中で、効果を感じたものを紹介します。

お風呂は体を洗うところじゃなく遊ぶ場所!

【金魚すくいに行こう!(おもちゃ)】
「お風呂に入る」ではなく、「遊びに行こう!」というスタンスで。
100均で買った金魚すくいなど、おふろで遊べるグッズをいくつか準備しておいて、「今日は何にする?」と選ばせていました。
これは、かなりの確率ですんなりお風呂に連れていくことができました。

【今日は何が出てくるかな?(手作りバスボム)】
湯舟に入れると泡がシュワーッと出てくるバスボム。簡単なので手作りして、中にヒミツの仕込みをしておきました。お湯に入れるとまわりが溶けて、小さなおもちゃが出てくる仕組みです。色や形もいろいろ作って、子どもが選べるようにしました。
バスボムは重曹とクエン酸で簡単にできるので、子どもと一緒に作るのも楽しいですよ。

■簡単バスボムの材料と作り方
《材料》(大きめ1個分)
重曹50g
クエン酸25g
片栗粉25g
食用色素少々
水少々

《作り方》
1.重曹、クエン酸、片栗粉、食用色素をビニール袋にすべて入れてモミモミ
2.水をほんの少し入れる。一度にたくさん入れると発泡してしまうので、様子を見ながら。霧吹きを使うとやりやすい
3.袋の上からにぎにぎと混ぜる。軽く固まるくらいの硬さになったら、手で丸く形を作る。この時、中に小さなおもちゃなどを入れても!※おもちゃは、水に濡れてもいいものに
4.半日湿気の少ない場所で乾燥させて固める
※ほんの少しエッセンシャルオイルを入れれば、香りも楽しめておすすめ

プラスティックのおにぎりの型などを使っても!わが家ではアンパンマン型で作ったバスボムからアンパンマンの小さな人形が出てくるタイプが子どもにとても好評でした。

お風呂大キライな娘!効果があった5つの作戦


【今日はあえて足湯の日!(お風呂でゲーム)】
「今日は足湯の日でーす!」と、あえて「ちゃんとお風呂に入る」ではない方法を提案することも。
バスタブのはしにみんなで座って、浅いお湯に足をつけるだけ。脱いだり洗ったりがないから、子どもも気楽、ママも気楽。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.