子育て情報『子どもの「おなかが痛い」はサインかも?ちょっとしたことでも見逃さないで』

2020年7月18日 11:00

子どもの「おなかが痛い」はサインかも?ちょっとしたことでも見逃さないで

朝、登校前に玄関ドアを開けようとした瞬間、わが子が「お腹が痛い」と言ったらどうしますか?
私の娘は、学校が大好き。帰宅すると、その日学校であった出来事をたくさん話してくれていました。
しかし、小学2年生のある時期だけ、「お腹が痛い」と言って登校をしぶったことがありました。

登校直前、突然「お腹が痛い」

小学2年生のある日、登校直前になって突然、娘が小さな声で「お腹が痛い」と言い出しました。
いつも一緒に登校している大好きな友達が迎えに来てくれていたし、家を出る時間が迫っていたので焦りました。「トイレかな?」と聞くと「違う」と。
吐き気がある様子もなく、熱もなく、一見して何も問題がなさそうに見えました。
お腹をさすってあげながら、「大丈夫?」と聞くと、娘は力なく「うん」とうなずいたので、「もし途中で具合が悪くなったら先生に相談しなさい」と言って送り出しました。
普段は、学校が大好きで、特に給食の時間を楽しみに登校する娘ですから、この日のことは私にとっては驚きでした。
しかし、次の日も、その次の日にも同じことが起こったのです。

「お腹が痛い」は「学校に行きたくない」という意味だった

目次

・登校直前、突然「お腹が痛い」
・「お腹が痛い」は「学校に行きたくない」という意味だった
・まず最初に「その気持ち、わかるよ」と話した
・冷静になること、先生に知ってもらうことの大切さ
子どもの「おなかが痛い」はサインかも?ちょっとしたことでも見逃さないで


娘は「お腹が痛い」とは言うものの、お腹を押さえたり、トイレから出てこないということはなく、本当に体調が悪いわけではなさそうでした。
これは、実際に腹痛があるわけではなく、「学校で何かがあるのでは?」と思い、帰宅後に娘に聞いてみました。
娘は、下を向きながらポツリと「学校に行きたくないの」と言いました。
あれだけ学校が大好きで、ランドセルを背負ってお友達とスキップしながら登校する娘が…と思うと、「何かあったの!?」と焦ってしまう私。
しかし、ここはガマン…と娘が話してくれるのをじっと待っていると、ゆっくりと「大縄跳びが怖い」「当たると痛い」「私ひとりだけ跳べない」「みんなのジャマになる」と話してくれました。
その時期は、ちょうど全校大縄跳びの大会前だったのです。
クラスのみんなが記録を伸ばそうと楽しくチャレンジしている中、ぐるぐる回る縄の前で怖くて、たったひとりで固まっている娘の姿が想像できました。

まず最初に「その気持ち、わかるよ」と話した

幼い頃の私にも同じ経験があり、「自分ひとりだけできない」ときの寂しい疎外感もわかりました。
「ママも小さい頃、同じだったよ」と体験談を話し、「大縄が怖くならないように、どうしたらいいかな?」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.