子育て情報『絵本専門士が教える!一度は行きたい絵本だらけの図書館』

2020年12月23日 11:20

絵本専門士が教える!一度は行きたい絵本だらけの図書館

絵本専門士として絵本を紹介する中で、図書館の利用をすすめることがよくあります。近所の図書館もどんどん活用していってほしいのですが、全国には魅力的な図書施設がたくさん。
今回は、私のおすすめの西日本の3施設をご紹介します。ぜひ親子で絵本のある空間をたっぷり楽しんでください。

今年オープン!まさに絵本の森「こども本の森 中ノ島」(大阪府大阪市)

目次

・今年オープン!まさに絵本の森「こども本の森 中ノ島」(大阪府大阪市)
・世界最大規模のマンガ数!絵本も楽しめる「京都国際マンガミュージアム」(京都府京都市)
・国内で発行された児童書を全点購入している「岡山県立図書館」(岡山県岡山市)
絵本専門士が教える!一度は行きたい絵本だらけの図書館


「こども本の森 中ノ島」は、今年の夏にオープンした大阪市中ノ島公園内にできた施設。壁面全体が本棚になっていて、そこに絵本がぎっしり並んでいる様は圧巻です。360度本に囲まれることであらゆる角度から本に出合うことができるように作られているそうです。蔵書はなんと1万8000冊!

また、建築家安藤忠雄さんが設計した建物は、どこでも座れる大階段や階段裏の背の低い空間、天井光の差し込む円筒空間、本棚に埋め込まれた小さなベンチなど、子ども達が絵本を開いてその世界に入りやすい空間に工夫されています。

絵本専門士が教える!一度は行きたい絵本だらけの図書館


子どもに空間を自由に歩かせてみましょう
「こども本の森中ノ島」に行ったら、まずは子どもがその空間にいることを楽しめるよう、自由に歩かせてみるのがいいと思います。何がどう並んでいるかわからない中で、壁一面絵本の世界を子どもの感性で味わってもらいましょう。
本の貸し出しはしていませんが、中之島公園内で、1冊だけ貸出の手続きをして持出して読むことができます。天気のいい日はピクニック気分で絵本を広げるのもいいですね。

入場は事前予約制でゆったり
現在は予約制で入場制限を設けているので、事前の申込が必要ですが、その分ゆったりと絵本のある空間を満喫することができます。人気施設ですので、申込開始日をチェックして早めに予定をたてましょう。
※2020年12月23日現在は2021年1月14日までの予約が終了しています。次回の予約に関しては下記の公式ホームページからご確認ください

世界最大規模のマンガ数!絵本も楽しめる「京都国際マンガミュージアム」(京都府京都市)

絵本専門士が教える!一度は行きたい絵本だらけの図書館


「京都国際マンガミュージアム」は、名前の通りマンガがいっぱい!マンガの単行本が約5万冊、古いマンガ雑誌や貴重な資料が約25万点と世界最大規模の品ぞろえ。マンガを読むのはもちろん、常設展やワークショップも充実していて、見る・描く・聞く・作るなど、マンガを多方面から満喫できます。
マンガということで小さな子どもは楽しめない?と思われがちですが、実はマンガだけじゃないんです。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.