子育て情報『「早くしなさい!」とはおさらば!子どもがつい行動しちゃう裏ワザ』

2016年12月20日 14:00

「早くしなさい!」とはおさらば!子どもがつい行動しちゃう裏ワザ


「早くしなさい!」何回言ったであろう、この言葉…

「早くしなさい!」とはおさらば!子どもがつい行動しちゃう裏ワザの画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11044032308

「早く○○しなさい!」
「今やろうと思ってたところだから!」

何度も繰り返されるこのやりとり。皆さんのお家でもよくありますか?

(もう、いちいちお母さんはウルサイなっ)(せっか今くやろうと思っていたのに!やる気がなくなった…)
昔は私も子どもの立場でしたから、親からこんな風に注意された時の子どもの気持ちはよくわかります。

わかりきったことを親から注意されると、子どもたちはついイライラしてドアを思い切りバタンと閉めたり、部屋に戻ってクッションを床に投げつけたりします。こうなってしまうのはなぜでしょうか?

ましてや、うちの子供は2人とも自己肯定感が低く、「お母さんに全てを否定された」「自分はなんてダメなんだ」とマイナス思考に陥りがちなので、なんとかこの悪循環を断ち切りたいと思っていました。


「今やろうと思っていたのに…」の後に唱えることでトラブルを防ぐ!その合言葉とは

「早くしなさい!」とはおさらば!子どもがつい行動しちゃう裏ワザの画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11044004365

そこで我が家では、主人が家庭に持ち込んだ言葉遊びを子どもたちのルールに活用することにしました。

それは、会話中に同じタイミングで同じ言葉を言った時、「ハッピーアイスクリーム!」と言って相手に早くタッチした方が勝ち、というゲームです。

私はこのゲームを知らなかったのですが、主人がわが家にこのルールを持ち込んだおかげで、子どもたちが小さい頃からこの「ハッピーアイスクリーム」は、同じことを同時に考えていた!やったね!という喜びを表現する手段として当たり前のように使われていました。

活用の仕方は、こんな感じです。

私 「早くお風呂に入りなさいよ~!」

娘 「わかってるよ!今お風呂に行こうと思ってたところです!」

私 「えっ!?じゃあ、ママもあなたも同時に同じこと考えてたんだ!ハッピーアイスクリーム!イェーイ!」

そう言って、ハイタッチをしてしまうのです。

こちらが高めのテンションでハイタッチを求めるので、子どもたちは「あれ?こっちはイラッとしながら答えたんだけど…」と戸惑いながらも、「行ってらっしゃ〜い!」と笑顔で送り出され、雰囲気が悪くなる間もなくお風呂に入るというミッションに取り組むことになります。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.