子育て情報『相貌失認とは?症状、原因、相談・診断・受診先から、発達障害との関わりについて解説します』

相貌失認とは?症状、原因、相談・診断・受診先から、発達障害との関わりについて解説します

2017年11月13日 15:00
 


相貌失認とは

相貌失認とは?症状、原因、相談・診断・受診先から、発達障害との関わりについて解説しますの画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10750000085

相貌失認は、人の顔を正しく認知することができないという障害です。正しく認知できないというのは、よく知っている顔、例えば両親や親友、あるいは自分の子どもを見てもそれが誰なのか分からなくなってしまったり、目の前にいる人の性別や年齢が全く分からなかったりするようなことを意味しています。

相貌失認は、単に顔と名前が一致しないということではありません。名前が分からなくても、顔を見た時に、その人がどんな人か思い出すことができたり、その人の顔に見覚えがあるように感じたりするならば、相貌失認である可能性は低いといえます。

相貌失認でない人にとってみれば、相貌失認という障害は想像しにくいかもしれません。また、生まれつき相貌失認である場合には、顔以外の視覚情報や声などから目の前にいる人が誰かを見分けることが当たり前だと感じていることがあります。そのため、顔の認知がまわりに比べて苦手であることに気がつかないことも珍しくありません。

海外での調査では、人口のおよそ2%が相貌失認であると報告されています。日本でも、相貌失認の症例がいくつか報告されており、身近に相貌失認である人がいても、決して不思議なことではありません。

http://iss.ndl.go.jp/books/R000000004-I025471149-00
出典:飯高哲也「先天性相貌失認症候論,認知機能,神経科学的研究について」


相貌失認の症状

相貌失認とは?症状、原因、相談・診断・受診先から、発達障害との関わりについて解説しますの画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10736006263

相貌失認になると、目が悪いわけでもなければ、物やかたちを記憶することができないわけでもないのに、なぜか人の「顔だけ」認識できなくなってしまいます。

相貌失認でない人は、友人や家族の顔がちらっと見えれば、それがだれなのか気づくことができます。しかし、相貌失認の人にとっては、自分含めたすべての人の顔が同じように見えてしまい、顔をちらっと見ただけではそれが誰なのか判断することができないのです。また人によっては、視線を向けている方向が分からない、表情から相手の感情を判断できない、男性なのか女性なのか分からない、といった症状があります。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.