子育て情報『期待と不安の授業参観!広汎性発達障害の娘、学校生活の実態やいかに!?』

期待と不安の授業参観!広汎性発達障害の娘、学校生活の実態やいかに!?

2017年12月6日 14:00
 


入学当初はパニックになっていた娘。学校での様子が気になる…

1年生になった娘。

入学当初は、ちょっとしたことでもパニックを起こしていました。

しかし、家庭で娘の気持ちに寄り添い、共感して気持ちを言葉にしてあげる「気持ちの同調・代弁」を続け、「こんなときはどうしたらいいか」などと、解決方法を親子で一緒に考えていったり、娘自身も一つずつ経験を重ねたりすることで、学校でパニックを起こすことも少なくなり、少しずつですが成長している様子でした。

でも…やっぱり不安はぬぐえません。

期待と不安の授業参観!広汎性発達障害の娘、学校生活の実態やいかに!?の画像

Upload By SAKURA

とはいえ、小学校の様子を見に行くこともできない…。
なんとか、娘の学校の様子を見ることができないだろうか…

そんな風に考えていた時にやってきた、授業参観の案内!

これで、娘の学校の様子が見られる!
そう思って、意気揚々と授業参観へ行きました。


初めての授業参観。ああ~、やっぱり心配的中かも!?

初めて行った授業参観は、入学して1ヶ月後ぐらいでした。

娘は私を見つけ、嬉しそうにニコニコ。
授業が始まっても、どこか落ち着かない様子で、ソワソワ。

私の方ばかり見て、先生の説明を聞いているのか、いないのか・・・。
口元を見ると、なにやらブツブツとつぶやいている。

やっぱり、心配していたマイワールドが発動してしまっている!!

やきもきしながら私は、ひたすら前を向くようにジェスチャー(笑)で、伝えていましたが、娘はそれでもヘラヘラ。

期待と不安の授業参観!広汎性発達障害の娘、学校生活の実態やいかに!?の画像

Upload By SAKURA


難しいと思っていたけど、娘なりに作文の発表できてる(涙)

しかし、作文の発表になると娘は、さっきまでのヘラヘラした感じはどこへやら!

期待と不安の授業参観!広汎性発達障害の娘、学校生活の実態やいかに!?の画像

Upload By SAKURA

最初に先生が説明した「発表する人のやりかた」通りの手順を守り、前に出て大きな声で堂々と作文を読みました。

自分の発表が終わると、他の人の発表を聞き、終わった人にきちんと拍手をしています。質問時間には自分から手を挙げ、質問する姿をみることが出来ました。

視覚優位の娘は、耳で指示を聞きとることが苦手。

この時も、先生が口頭でした発表の注意点が、うまく聞き取れていないようでした。
しかし娘は、先生が字で書いていた「発表する人のやりかた、聞き方」を読み、手順を理解していたのです。

さすがに質問までは、難しくてできないだろう…と思っていたのですが、他の人がしている質問を聞いて、同じような質問をしていました。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.